Home / カルチャー / 日本では常識、でも外国ではNG!?語学学校でのNG行動

日本では常識、でも外国ではNG!?語学学校でのNG行動

087-001

語学学校の講師をしている夫は日本人生徒を教える機会が多くあるのですが、「日本人生徒の多くは、意欲と敬意を先生に対しても他の生徒に対しても見せないので、教えがいがなく虚しい。」と言います。

聞くと、私達が日常の学校生活で取っているいくつかの態度が、彼らの国ではとても失礼だったりするとのこと。国が変わるとこんな捉えられ方をするとは全く知らず、私も語学学校へ通っていた頃を振り返り、きっと先生をイライラさせていたのだろうな、と今さら反省しています。

その国に住んでみるまでわからない教わる立場のマナーってどんなものがあるのでしょう?今回は、そんな国が変わるとマナー違反となる、私達が取ってしまいがちな言動についてお話します。

 

相手が話しているときや自身が発言する際に下を向く。

087-002

「どうして僕が話し始めているのに、一人も顔を上げないのだ?僕の顔はノートの上に反射して見えるのか!?」家へ帰ってきた夫がものすごい剣幕で怒っています。

「だって授業中でしょ?いいじゃない。」と返したのですが、「良いわけないじゃないか、発言中だぞ。」とのこと。「人が話を始めたら発言者を見るのがマナーというものだろう?どうしてそんな単純なことが、本来礼儀正しい日本人にできないんだ!?僕の話に興味がないというアピールなのか??」とお怒りの様子。

決して悪気があってそうしているわけではなく、基本、先生のことなんか見ないよと話し、逆にじっと見ていたらアグレッシブで反抗的だと思われるのでは、と返しましたが、とても納得いかない様子でした。

日本では、考えている行為のアピールの一つとして下を向いて難しい顔をするというものがあると私は思います。がしかし、英語圏、少なくともオーストラリアでは、発言者の顔をまっすぐ見ないのは逆に聞いていないというアピールになるそうです。

また、誰かが話している際にノートを取るという行為もまた、「発言を聞いていません」や「その話はつまらなく聞くに値しない」といった意味が込められているようです。ノートを取る行為は、日本では勤勉の象徴のように見えますが、こちらではノートを取ってくださいとGOサインが出るまでは、基本的に手元は動かさず相手の話を聞くのが良きマナーとなるようです。

 

机上で肘をつく

Public Relations Class

もう一つ、とても嫌がられるのが肘をつく行為です。

ノートを取ったり話を聞く際に、肘をつきながらという行為が非常に目立つそうです。日本では、授業中に肘をついて勉強しているなどというのは一般的な行為でしょうし、教師もそれに対して注意をしたりはしないようですが、これも「あなたの話はつまらない。」とアピールしているようで、特に教師や上司の前では控えなくてはならない行為です。

しかしこの行為、日本でも普段1対1で話しているときにはしないので、基本的にマナー違反だという認識は日本でも共通ではないのでしょうか?がしかし、学校の先生が相手だとついついこの行為に及んでしまう。学校の先生をあまり尊敬していない証拠にも見えます。

 

相槌を打たない

087-004

日本人は何を話しても無反応、顔は見ているのに相槌を打たないので本当に関心を持って話を聞いているのかがわからない、こんなことも講師をしている友人から聞きました。

その友人は、「いつも心ここにあらずの状態で、本気で勉強したくて学校に来ているのかが本当にわからない。学びたくないなら他の生徒の士気を下げるだけで邪魔になるのでいないでほしい。」と話していましたが、確かに一人が退屈そうに授業を聞いていると他の生徒さんに影響があるのかもしれないと思いました。

 

趣味は「寝ること」「食べること」

087-005

自己紹介の際に多くの日本人学生の口から出てくる趣味が、「寝ること」と「食べること」だそうです。まだ食べ歩きならいいのでしょうが、この2つの行為は「趣味」ではなく「日常生活で必要な行動」だと呆れられます。

それを指摘すると大体の方が「音楽を聞くこと」と言うそうです。そして「どんな音楽が好きなの?」と聞くと「わからない」と答えるとのこと。自分の趣味なのになぜわからないのか?これは会話に参加したくないというアピールなのか?と感じるそうです。

私達日本人は自分自身のことを話したりアピールすることがとても苦手ですが、一歩海外へ出ると自身のことを話せないという状態はとても愚かに見えるようです。せめてご自身の趣味、仕事、家族について等、質問されやすいトピックや、面白いエピソードは英語で話せるように準備するといいかもしれません。

 

つまらない自分の趣味にオリジナリティーを加えて語ろう。

087-006

・私の趣味は食べることです。「My hobby is eating.」

→「My hobby is eating. I like searching for nice and economical restaurants on the internet, and going there to have a try.」

(私の趣味は食べることです。私はインターネットで安くておいしいレストランを探して行ってみることが好きです。)

 

・私は寝ることが好きです「I like sleeping.」

→「I like sleeping in certain situations. I’ve never been tired when I play, but I always fall asleep when I have to study.」

(私は場合によっては寝ることが好きです。遊んでいるときは絶対に眠くならないのですが、勉強しなくてはいけないときにはいつも居眠りしてしまいます。)

 

・音楽を聞くことが好きです。「I like listening to music.」

→「I like listening to music. I’m really into K-pop which is Korean pop music. It gives me a lot of energy when I wake up to that music.」

(私は音楽鑑賞が好きです。韓国のポップのK-POPにハマっています。朝その曲で起きるとエネルギーが出てくるのです。)

 

さいごに ~相手はあなたの発言に期待していません~

087-007

日本の方が語学学校へ通うと、他の国の方の積極的な姿勢とスピーキング力に圧倒されて、どうしても口をつぐみがちになるようです。

自信がなくこのような消極的な態度になりがちなのは十分理解できますが、あなたの英語力が彼らに比べて著しく低いわけではないのです。それでなければ同じクラスにレベル分けされることはありません。

また聞き上手な私達日本人は尻込みしがちですが、思い切って色々と発言したとしても、相手はあなたが思うほどあなたの発言に耳を傾けていません。

消極的な行為がマナー違反となり相手の機嫌を損ねるくらいであれば、ちょっと思い切って積極的に授業に参加してみましょう。きっと先生も他の生徒さんも活気づいて、盛り上がること間違いなしです!

 

About white

日本でシステムエンジニアとして8年働いたところで、急に思い立って職業給付金を利用し英語学校へ1年行き、アメリカのアダルトスクールでの3か月短期留学を経験。 その後、ワーキングホリデービザにてオーストラリアへ渡豪し、一度日本に戻るも一年後にIBM Australiaへ再就職し渡豪、オーストラリア人と結婚し現在1児の母として奮闘中。 英会話講師の家へホームステイ、オーストラリアでの各種短期留学受付中です。詳しくは→http://www.ab.auone-net.jp/~aus-life/