Home / モチベーション / より良いリーダになるためのカギは休暇?!得られる5つの有利な点

より良いリーダになるためのカギは休暇?!得られる5つの有利な点

th

こんにちは。ゴールデンウィークも終わり、今日は面白い記事をピックアップしてみました。Carolina RegollさんはBrand builderとしてリーダーであり、彼女が休暇を取ったら自分がもっとより良いリーダーになったと言っています。多くの人は休暇を取ると自分のキャリアに影響を及ぼしてしまうと考えてしまうと考えますが、彼女は世界中のリーダー達にリコメンドしています。その理由はなにでしょうか?キーフレーズと内容を一緒にチェックしていきましょう。

http://www.huffingtonpost.com/carolina-rogoll/why-taking-a-break-makes-_b_6049856.html

 

1.Let go (〜を手放す)

It was a magical experiment to learn how to “let go,” something I hadn’t allowed much in my very well planned career.

→私のとても緻密に計画されたキャリアの中で、手放すという事を学べた素敵な実験だった。

Carolineさんはとても計画的なリーダーだったのですが、休暇を取ったことにより、「手放す」という大切なプロセスも学べたみたいです。それにより自分がよりよいリーダになったと言っています。まず、良い理由の1つは新しい気持ちで、元気に職場に帰って来れるそうです。2つめは何でしょうか?

th-1

2.Fixed (固定された、決まっている)

Going on a break, and especially if you travel and visit other cultures, will put business and life matters into perspective. Less fixed plans and concepts about life.

休暇を取り、特に他の国に訪れ違う文化を体験すると自分のビジネスや人生を総合的な視点で捉えることが出来る。(そうすると)決められた計画が減り、人生について考えられたり。

ここで出てくるフレーズFixedは、単純に考えると〜を修理すると思いますよね。しかし、固定するという意味もあるので。皆さんがもう予定が入っているときは、”I already have my plans fixed”(もう予定が決まっているんだ)と言えますね。

それが2番目の理由で、新しい視点を身につけられると言っています。最後の理由では、他の人を影響することが出来ると言っています。休暇を取り、変わった新しい自分の姿を見せることにより、同僚にもそんなに彼女にとって良かったんだ!と思わせることができて、良い影響を与えることが出来ると主張しています。

 

みなさん、いかがでしたか?Carolineさんは世界中のリーダーの方に休暇を取ることが良いことだと強くおすすめしています。これからのゴールデンウィークは自分がよりよいリーダーになるための良いチャンスかも知れないですよ!

 

About mahoi

日本、アメリカのカリフォルニア州で育ったバイリンガル。英語で経営の勉強をしており、現在はスペイン留学してスペイン語習得に挑戦しています!おもしろい記事をシェアできたらいいなと思っています♪