Home / カルチャー / シリアルのコマーシャルで議論が起こった理由

シリアルのコマーシャルで議論が起こった理由

aaea6dbc6deef373b436041fdec4238c

こんにちは!今日は数ヶ月前、インターネットで気になった話題を取り上げたいと思います。アメリカで、あるシリアルのコマーシャルについて議論が起きました。その理由はなぜでしょうか?

意外と驚きの理由です。コマーシャルを見終えた後でも分かりませんでした。答の前に、みなさんも下のリンクからぜひそのコマーシャルをご覧下さい。

http://www.stltoday.com/lifestyles/relationships-and-special-occasions/parenting/aisha-sultan/cheerios-commercial-with-interracial-family-stirred-faux-controversy/article_92a4c186-4d56-5c02-a458-640fe55a6305.html

 

黒人の夫と白人の妻、また黒人と白人のハーフの子供が普通の家族の風景を演じていたことが理由です。なぜこれが多人種国家アメリカで問題になるのかというと、まだアメリカでも異人種間での結婚を良く思っていない人が多くいるからなのです。

ここで一つ目のキーフレーズを見ていきましょう。

 

1.Over-the-top(通常よりはるかに、想像以上)

The reaction to the reaction was over-the-top.

→反応に対するまた反応は、想像以上だった。

Topより上と考えたら、‘想像以上’と覚えやすいですね。

cheerios-mix-race-commercial

2.Spark a heated conversation (ヒートアップした議論を引き起こす)

News reports said the spot and the reaction to it sparked a heated conversation about race and forced us to confront attitudes about interracial families.

→ニュースリポートでは、スポット広告やそれに対する反応が人種に関する激論を引きこし、 私たちを異人種間の結婚に関する考え方に直面させたと伝えた。

 

Sparkはキラキラ光ると言う意味もありますが、発する、引き起こすと言う意味もあるので覚えておきましょう!

まず議論が始まったのはYouTubeのコメント欄からでした。これがどんどんヒートアップし、最終的にはニュースでも取り上げられました。また人種差別的なコメントが多く出てきたため、コメント欄に何も書けない状況にまでなってしまいました。YouTubeの反応から、ニュースに取り上げられるほど大きな問題になったと言っています。

この記事にも書いていますが、異人種間の結婚はここ十年で28%増え、アメリカ人の3分の2の人は、家族が異人種間で結婚しても良い、認めると答えています。同じ質問に少し前の1986年では3分の1の人が認めると答えていました。異人種間での結婚、またそのハーフの子供は前よりも受け入れられるようになりましたが、このような論争から、アメリカでも自分と同じ人種の人と結婚したいと思っている人が多いことが窺えますね。

今回の議論から、アメリカでもまだこのような問題があることに驚きました。みなさんは今回のシリアルのコマーシャルの人種についての議論、どう思われましたか?

 

About mahoi

日本、アメリカのカリフォルニア州で育ったバイリンガル。英語で経営の勉強をしており、現在はスペイン留学してスペイン語習得に挑戦しています!おもしろい記事をシェアできたらいいなと思っています♪