Home / 表現集 / ちょっと待って!sorryの代わりに使える言葉を考えよう

ちょっと待って!sorryの代わりに使える言葉を考えよう

098-001

皆さんもご存じでしょうが、外国人が日本人に対してよく思うこと・・・それは「Sorryが多すぎる!」。

たとえそれが私達日本人の話す英語の悪い癖だとわかっていても、それはとっても「Annoying!!」(嫌気がさす!)な行為なのだそうです。私も何度となく「Why are you apologizing?」(どうして謝るの?)「What are you apologizing for!?」(何に対して謝っているの!?)とイライラされた経験があります。それに重ねて「Sorry…」と返して、大きくため息を疲れたことすらありました。

「スイマセン」は日本人にとっては次の会話へ進むためのクッションだったりし、「Excuse me.」や時には「By the way,」の代わりになる大事な言葉です。また謙虚な気持ちを表す一つの手段だったりして・・・・そんな人間関係を円滑にするためには必須な言葉だったりするのです。いくらそれが英語だからといって、これを使わないようにするというのは文化的にとても困難なこと。

それでも外国人を怒らせたりイライラさせるって、ちょっと怖いですよね!?

今回はそんなSorryの絶えない私達日本人が、Sorryの代わりに使える言葉についてお話したいと思います。

 

Sorryは心から謝るときだけ

098-002

先日、私は赤信号で停まっていた際に後ろから追突されたのですが、その際に明らかに相手が悪いのに一切謝罪をせずに「気付かなかった」で通され、とても頭に来ました。どう考えても自分が悪い場合は、きちんと謝ろうよ!とはらわたが煮えくりかえりましたが、これも後々のことを考えてのことなのかな・・・・と思い、私も下手なことは言えないと押し黙り、お互いの情報を淡々と交換するだけに留めました。

その後その方の保険を使い車は修理しましたが、やはり日本人の私としては、謝罪の言葉もなく事をすまされてしまったのは後味の悪いものでした。

しかし、外国ではそれが普通・・・・事故に遭った時、絶対にSorryと言ってはいけないというのは有名な話です。自分の非を認めてしまうと後でとても不利になるからです。

そんなこともあると思い出しながら、Sorryという言葉をすごく悪く重いものとして捉えてみてください。本当に心から申し訳ないと思っているときにだけ、この単語が使えることをよく肝に銘じます。

それでは使えなくなったSorryの代わりに、どんな言葉が使えるのでしょうか?

 

Sorryを他の言葉に変換する癖を付ける

098-003

・Thank you

「Sorry.」と言われると眉をひそめる外国人、でもこれを「Thank you.」にすると喜ぶのです。

 

例えば、日本ではよく聞く「お待たせして申し訳ありません。」は、直訳すると「Sorry for making you wait so long.」ですが、これを「Thank you for your patience.」としても、日本語に訳すと同じ意味になります。そして不思議なことに同じ意味なのに後者を好む方がとても多いのです。

物は考えようです、例えばあなたが忘れたものを届けてくれた友人がいたとして、その友人に日本人的には「Sorry about taking your time.」(時間を取らせてしまってごめんなさい。)と言いがちです。がしかし、発想の転換をして、これを「Thank you for giving your time for me.」(私のために時間を使ってくれてありがとう。)と言い直してみてください。そのほうが相手は何倍も気分がいいのだそうです。

 

・Excuse me

私達日本人がSorryを使いがちな、こんなシチュエーションでは、代わりに「Excuse me.」を使ってみてください。

・人込みをかき分けて歩く。

・スーパーで誰かが立っている後ろから品物を取る。

・お酒や食事の席で、話している間に思わずげっぷが出てしまった。

・電車で空いている席に座る。

・誰かが会話しているところに割って入る。

 

「ちょっと失礼!」や「おっと失礼!」といった場面では、Excuse meのほうが多く使用されます。因みに、相手が失礼なことを発言した際には「Excuse me!?」とトーンを上げて発言すると、「何ですか!?」といったような表現も可能です。

 

Sorryを使う時はabout/to/forとワンセットで

098-004

またそれでもSorryを使用する場合は、その後に何に対してSorryと言っているのかを説明する文章とワンセットで話す癖を付けてみてください。

 

「Sorry to be late.」 →遅れてごめんなさい。

「Sorry about/for last night.」 →昨夜はごめんなさい。

「Sorry about what I said to you last week.」 →先週あなたに言ったこと、ごめんね。

 

相手を思いやるSorryもある

098-005

Sorryは「ごめんなさい。」の意味だけではないのです。相手に何か不幸がある際に、相手を思いやる意味で使用されることもあります。こういうシーンでは躊躇せずにSorryを使ってください。

 

「Sorry to hear that.」 →それを聞いて残念です。

「Sorry about your accident.」 →事故の件では残念です。

「I’m so sorry about your mum.」 →お母さんのことはとても残念です。

 

さいごに ~ポジティブな社会で生きていくために~

098-006

欧米諸国では時に、謝らなくてはいけないシーンでも謝らないことがあります。例えば、注文していた品物が必要な期日までに届かなかった、店員さんのミスで全く違ったものが届いてしまった、日本では当然謝罪されるそんな場合でも、Sorryを聞くことが出来ないことがあります。

自分がミスしておいて、それは認めず「一緒に問題を解決しましょう!」と明るく言われると、まず謝れ!と気分を害すことも多々ありますが・・・・それもお国柄だと思って最近では受け流す努力をしています。

また逆に考えて、自分がミスしたときに謝罪を要求されずに「仕方ないわね!」といったスタンスでいてもらえるのは正直気が楽だったりもします。

「反省」という雰囲気が見つからない社会で生きていくための切り替えが、私達日本人には難しいこともありますが、それも相手の国の文化、英語を学ぶとともにそんな文化や考え方を取り入れていくのも新たなチャレンジかもしれませんね!

 

photo credit: SORRY- National Sorry Day  2015,   Sorry Day Flowers    “such unthinkable theft ” via photopin (license)

photo credit: I’m Sorry via photopin (license)

photo credit: Thanks 😉 via photopin (license)

photo credit: PLEASE COME BACK I AM SORRY ABOUT _HAT HAP_ENED BEFORE via photopin (license)

photo credit: empathy via photopin (license)

photo credit: university student group via photopin (license)

About white

日本でシステムエンジニアとして8年働いたところで、急に思い立って職業給付金を利用し英語学校へ1年行き、アメリカのアダルトスクールでの3か月短期留学を経験。 その後、ワーキングホリデービザにてオーストラリアへ渡豪し、一度日本に戻るも一年後にIBM Australiaへ再就職し渡豪、オーストラリア人と結婚し現在1児の母として奮闘中。 英会話講師の家へホームステイ、オーストラリアでの各種短期留学受付中です。詳しくは→http://www.ab.auone-net.jp/~aus-life/