Home / 英語学習法 / ネイティブスピーカーが行っている速読法、スキミングとは?スキミングをするための3つのコツ

ネイティブスピーカーが行っている速読法、スキミングとは?スキミングをするための3つのコツ

こんにちは。みなさんは英語の文章を読むときに、速く読めずになかなか前に進まないということはありませんか?なんでネイティブの人は速く読めるのだろう?と疑問に思いませんか?その理由はネイティブの多くの人がSkimming、(スキミング)を行っているからです。

Skimmingとは「上澄みをすくい取る」こと、日本語で言う「流し読み」です。ネイティブスピーカーは要点だけピックアップしながら読んでいるのです。みなさんもSkimmingのコツ、知りたいですよね。今日学んだSkimmingの方法で英文を速く読むコツを身につけてくださいね!

 

2585334214_7e0dca6a26_b

それでは最初のアドバイスからです。

 

1.     Try to detect the main idea in the introductory paragraphs

冒頭の一節で本旨を見つけ出そう。

 

なぜかというと、

The introductory paragraphs usually express the main idea, argument, or goal of an article or chapter.

→冒頭の一節がたいてい本旨、論点、その記事やその章の目標について言っているからだ。

 

なので、最初の冒頭の段落を一通り読んでみると、この記事で筆者が訴えたいことが大まかに見えると言うことです。

 

7068059139_ac55cd93e8_b

2.       Read the first sentence in each paragraph

段落の最初の文を読もう

 

これはとても重要な点です。なぜかと言うと、

The introductory sentence of each paragraph usually describes what follows in the paragraph.

→段落の最初の文はたいてい、その後何について話すかが書いてあるからだ。

 

英語はとてもシンプルです。英語の文章は形式にそって書かれているものがほとんどなので、段落の最初の文章は、その段落で言うことのまとめになっているのです。英語の文では一番美味しいものを最初に持ってくるので、時間がないときは、段落の最初の文だけを読んで終わらせるという手もとても有効です。

 

3.       Skip examples and proofs

例や理由については飛ばそう

 

Authors often present examples to prove a point, but if you believe the point doesn’t need proving, you can skip the examples.

→筆者はある点の理由を説明するために例を挙げるが、もしあなたがその点について理由説明が不要と思えるなら、その例は飛ばすことができる。

 

特に時間がないときや、主旨だけ分かっていれば良いときは、例や理由については飛ばしましょう。多くのネイティブスピーカーは主旨を理解したら自然と例などは飛ばして次の段落を読み始めます。

今回の、ネイティブスピーカーが行っている速読法、スキミングとは?スキミングをするための3つのコツ、はいかがでしたか?3つのコツ、冒頭の部分で本旨を汲み取る、段落の最初の文は大切なので絶対読む、例や理由に関しては飛ばす事を、是非皆さんも行ってみてください。そして英文をもっと速く、理解しながら読みこなしていって下さいね!

 

About mahoi

日本、アメリカのカリフォルニア州で育ったバイリンガル。英語で経営の勉強をしており、現在はスペイン留学してスペイン語習得に挑戦しています!おもしろい記事をシェアできたらいいなと思っています♪