Home / 表現集 / 風邪を引きやすい季節の変わり目には ~病気に関する英語フレーズ~

風邪を引きやすい季節の変わり目には ~病気に関する英語フレーズ~

103-001

そろそろ梅雨も明け夏が到来、ウキウキしながら夏の計画を立てている方も多いのではないでしょうか?

がしかし、季節の変わり目は体調が悪くなるときでもあります。気温が変わったり急に暑くなったり、せっかくの計画も環境の変化で風邪を引いてしまったりなどしたら台無し、是非気を付けていただきたいものです。

そんな私も数日前から風邪を引いてしまい体調は最悪、それでも毎日のやることは変わらず・・・・ですので気力だけで何とか動いている状態です。

誰かにこの辛さを訴えたい!そんな時、英語でなんて言いましょうか?ということで、今回は英語で伝える風邪に関するお話しをさせていただきます。

 

外国で風邪を引くとどうなるの?

103-002

風邪を引いた場合、日本は真っ先に病院へ行き診察をしてもらい抗生物質を出してもらうのが通常ですが、欧米諸国では少し事情が違うようです。

診察へ行っても、風邪だと基本的に何もできないからと言われてしまうことが多いようです。インフルエンザなどのウィルス性のものには抗生物質が処方されますが、通常の風邪の場合は市販の解熱剤や鎮痛剤を勧められるのが通常です。もっと原始的に、お腹の調子が良くなければ水を飲んで出し切る、熱があれば首から上を冷やすといったような基本的な指導をされます。具合いの悪い中せっかく病院に行ったところでこの対応しかしてもらえず、わざわざ病院まで来なきゃよかったと後悔したことが何度もあります。

従って、風邪を引いて病院に行く方もあまり見かけません。何日も経って症状が変らない場合に何かしらウィルス性の疾患を疑って病院に行くことはありますが、基本的には市販の薬で数日は様子を見る方が多いようです。

またインフルエンザ(皆さんfluと言います)ですが、医学的には違いがあるようですが、日常会話の中ではウィルス性のものではなくとも、症状の重い風邪や痛みを伴う風邪の際に「flu」とおっしゃる方がとても多いです。

 

「風邪ひいちゃった」を伝える

103-003

そんな一番メジャーな「風邪」ですが、英語ではどう表現ができるのでしょうか?「風邪」に関する一般的な表現を並べてみます。

 

「I have a cold.」 →風邪を引いています。

「I caught a cold.」 / 「I’ve got a cold.」→風邪を引いてしまいました。

「I’m catching a cold.」→風邪を引きそうです。

 

また、風邪をもらうほうは「get」ですが、風邪を移すほうは「give」を利用してこう表現します。

「I gave him a cold.」→彼に風邪を移してしまいました。

 

夏ならではの、こんな表現もあります。

「Take care of yourself, It takes a while to get rid of a summer cold.」

→気を付けたほうがいいよ、夏風は長引くから・・・

 

身体のこんな痛みを表現

103-004

風邪といっても様々な症状(symptom)があります。外国で風邪を引いて病院に行かなくてはならない場合には、こんな説明をしてみてください。

 

「I have a fever / headache / stomachache / backache / sore throat.」

→熱があります / 頭が痛いです / お腹が痛いです / 背中が痛いです / 喉が痛いです。

 

「I have diarrhea. / the runs.」→お腹を下しています。

「I have a snotty nose. / a runny nose.」→鼻が詰まっています / 鼻水が出ます。

「I haven’t had an appetite for a couple of days.」→2日程食欲がありません。

 

といったように全て「I have ~.」で様々な表現が可能です。

また、こんな表現もあります。

 

「I’ve felt dizzy since this morning.」→朝からくらくらします。

「I haven’t stopped sneezing all day.」→くしゃみが一日止まりません。

「I’m coughing a lot.」→咳が沢山出ます。

「I must have gotten a fever because I feel a chill.」→寒気がするので熱があるに違いありません。

「Sore joints are one of the symptoms of a high fever.」→関節が痛いのは高熱の一つの症状です。

 

インフルエンザはinfluenzaと表現しますが、省略してfluと言う方がほとんどです。

 

「I think I have the flu.」→インフルエンザにかかったみたい。

「You’d better have a flu vaccination / shot.」→インフルエンザの予防接種をしたほうがいいよ。

 

さいごに ~外国で病気って、とっても心細いのです~

103-005

ずいぶん前に一緒に働いていた同僚が、大学進学と同時に東京で一人暮らしを始めて、最初に風邪を引いた時に寂しくて一人ベットの中で泣いたという話を聞いてビックリしたのを覚えています。しっかりした性格で、体型もラグビーをやっていたらしくガッシリだったので、なんだかその時は想像が出来ませんでした。

18歳の男性が風邪を引いたくらいで泣くのか・・・!?と半信半疑でしたが、私自身、外国に住み始めて本当に病気が怖く、孤独で寂しいものだと感じました。身内がいない土地での病気は、たかが風邪でもこんなに心細くなるのだと感じたのを覚えています。

きっと日本に住む外国人の方々も同じ思いだと思います。満足に言葉の通じない国で、普段生活をするだけでもプレッシャーやストレスを常に感じて生活しているはず。そこへ病気などしてしまったら気分もずっと落ち込むと思います。

是非、周りの外国人の方が病気になったりしていたら、優しい言葉を掛けてあげてください。また困っているようであれば症状を聞いて、病院へ付き添ったり、薬局で薬を買うのを手伝ってあげたりしてあげてください。そんなこと一つでその方の日本人に対する印象もグッとUPすると思いますよ!

 

photo credit: Hangover via photopin (license)

photo credit: Headache via photopin (license)

photo credit: Day 59, Project 365 – 12.18.09 via photopin (license)

photo credit: Rtuťový teploměr; Mediacal mercury-in-glass thermometer via photopin (license)

photo credit: Robitussin Cough Cold Flu Congestion decongestant Relief Medicine via photopin (license)

About white

日本でシステムエンジニアとして8年働いたところで、急に思い立って職業給付金を利用し英語学校へ1年行き、アメリカのアダルトスクールでの3か月短期留学を経験。 その後、ワーキングホリデービザにてオーストラリアへ渡豪し、一度日本に戻るも一年後にIBM Australiaへ再就職し渡豪、オーストラリア人と結婚し現在1児の母として奮闘中。 英会話講師の家へホームステイ、オーストラリアでの各種短期留学受付中です。詳しくは→http://www.ab.auone-net.jp/~aus-life/