Home / 表現集 / 日本語では沢山の意味を持つ、「まったく」を英語で表現したら・・・?

日本語では沢山の意味を持つ、「まったく」を英語で表現したら・・・?

109-001

他の国の方にしてみたら日本語を学習することはとても大変だと思いますが、私達が使用する日本語ってとても興味深い言語だと思います。例えば一つの単語に沢山の意味が持たされていたり、逆に同じ意味を持つ沢山の単語が存在する、その奥深さが、日本語を勉強する外国人を魅了するのではないでしょうか?

私が考えるに、その表現の一つが「まったく」という単語。日本語では他に「本当に」「全然」という表現方法がありますが、これはとても便利な言葉でして、同じ「まったく」でも様々なシーンで色々な意味に変化して捉える事ができます。しかし、英語では同じ単語をそう便利には使えないもの。シチュエーションによって違う表現方法があります。

今回は、そんな私が見つけた、英語で表現する様々な「まったく」についてお話したいと思います。

 

完全にという意味での「まったく」

109-002

日本語でもそうですが、「あいつはお調子者だ。」と言うのと、「あいつはまったくのお調子者だ。」と言う表現って気持ちの入れ具合が違うような気がしませんか?また「彼は努力家だ。」を「彼はまったくの努力家だ。」と言うと、努力した度合いが随分大きくなるような表現になります。

時に英語でもそんな表現が、会話を興味深くすることがあります。どのよう表現があるのでしょうか?

 

「I’m quite out of patience with you.」

→ 君にはまったく愛想が尽きる。

 

「We thoroughly had fun at the zoo.」

→私たちは、まったくもって動物園で楽しんだ。

 

「It’s not an altogether silly idea.」

→それはまったくくだらないアイデアではない。

 

「Their size is completely different.」

→これらのサイズはまったく違う。

 

「That news was simply shocking.」

→そのニュースはまったく衝撃的だった。

 

「You are absolutely beautiful.」

→君はまったく美しい。

 

「I totally agree with you.」

→まったくもってあなたに賛成です。

 

本当に~ないという意味での「まったく」

109-003

「まったくそんなこと思ってないよ。」のような、本当にそうではない場合の「まったく」も、また表現方法が複数あります。

何かを謝られたり心配されたりした際に、「そんなことないよ。」とシンプルに返すより、「まったくそんなことないよ。」といったように「まったく」を一言添えるだけで、あなたがそのことに関して少しもネガティブに捉えていないということが伝わります。そして、これは相手の心配をかき消したり不安感を抑えたりするのに、とても有効的な表現でもあったりするので覚えておくと便利です。

また、なにかを決断したり明確にしたりする際の「まったく(~ない)」も、意志の強さや余地のなさを表現するために有効的なフレーズですので、是非使用してみてください。

 

「Do you mind if I take this seat?」「Not at all.」

→「ここに座ってもいいですか?」「まったくかまいませんよ。」

 

「I’m really sorry about it.」「It doesn’t matter in the least.」

→「本当にごめんなさい。」「まったく気にしていませんよ。」

 

「Don’t you love him anymore?」「Not a bit.」

→「彼のこと、もう好きじゃないの?」「まったく。」

 

「He doesn’t seem to feel guilty what so ever.」

→彼はまったく罪悪感がないようだ。

 

当然、本当に、心身という意味での「まったく」

109-004

こちらの「まったく」は、ご自身の肯定の意志やひたむきさを表すのにとても良い表現です。

 

「It’s truly said that honesty is the best policy.」

→正直が最善の策とはまったくだ。

 

「I really don’t want to hurt you.」

→私はまったくあなたを傷つけたくない。

 

「It was a really useful meeting for our team, wasn’t it?」「Yes, indeed.」

→「私達のチームにとっては、本当に有意義な会議でしたね。」「まったくその通りです。」

 

純然たるという意味での「まったく」

109-005

まったく混じりっけのないという意味での「まったく」も、英語では違ったフレーズを使用し表現します。

 

「Finally, she got genuine happiness.」

→やっと、彼女はまったくの幸福を手に入れた。

 

「He bumped into her by a pure coincidence.」

→彼は、まったく偶然に彼女と遭遇した。

 

「She didn’t get promoted because she wasn’t qualified, pure and simple.」

→彼女が昇格しなかったのは、その資格がなかったからというまったくもって単純な理由だ。

 

さいごに ~英語の勉強に疲れたら~

109-006

英語の学習には終わりがありません。試験に受かるための英語を勉強するのであれば、試験合格がゴールになるのでしょうが、英語を使用して生活をしたりお仕事をされたりすることを希望されている方にとっては、なかなか満足できるレベル設定が難しく達成感というものも持ちにくいのではないでしょうか。

それだけに、途中で虚しさを感じて学習へのモチベーションが下がってしまったり、日々の生活に追われ段々英語から離れてしまったという方の話を沢山聞きます。

そんな時、たまには参考書や教科書、または単語帳から離れて、本場のスピーカーと会話をしたり、学習方法を変更することでマンネリ化を防ぐことも、英語学習には大切なこと。

今回のような日本語では沢山の意味を持つ1つの単語を探して、色々とそれに対しての英語を調べたりすることも、英語学習の良い息抜きになるのではないでしょうか?そしてそこで調べた内容に関して、「日本ではこんな単語が全て一つの単語で集約出来ているのだよ。」といったような会話をネイティブとしたりすることも、また良い勉強になります。

一辺倒な勉強方法から少し離れて、たまには違った方向から英語を観察し、飽きのこない生涯学習が続けられるといいですね!

 

 

photo credit:  PlayMakeDoLizzyCPhotoLowRes0170 via photopin (license)

photo credit:  it can’t be true! you’re so posh, more than me! via photopin (license)

photo credit:  Cafe-ma-no via photopin (license)

photo credit:  Chatting at breakfast via photopin (license)

photo credit:  Water Drops via photopin (license)

photo credit:  >هل تغني عن ويكيبيديا؟ via photopin (license)

About white

日本でシステムエンジニアとして8年働いたところで、急に思い立って職業給付金を利用し英語学校へ1年行き、アメリカのアダルトスクールでの3か月短期留学を経験。 その後、ワーキングホリデービザにてオーストラリアへ渡豪し、一度日本に戻るも一年後にIBM Australiaへ再就職し渡豪、オーストラリア人と結婚し現在1児の母として奮闘中。 英会話講師の家へホームステイ、オーストラリアでの各種短期留学受付中です。詳しくは→http://www.ab.auone-net.jp/~aus-life/