Home / 表現集 / 同じ英語でもこんなに違う!アメリカ英語とイギリス英語で違う単語

同じ英語でもこんなに違う!アメリカ英語とイギリス英語で違う単語

こんにちは。みなさんは学校で英語を勉強したときにはイギリス英語の発音で学びましたか?それともアメリカ英語の発音で学びましたか?どちらも英語で同じ言語を話しますが、同じ意味なのに各国によって違う単語を使うものが多くあるのです!今日は同じ英語でも違う、アメリカ英語とイギリス英語で異なる単語を紹介します。

 

8099280224_317f78976c_b

 

  • フライドポテト

まずは多くの外国人が好きな食べ物、フライドポテトです。日本語ではポテト、

やフライドポテトと言いますが・・・

 

【アメリカ英語】 French fries または Fries

【イギリス英語】 Chips

 

日本語の「フライドポテト」でも違うのにアメリカ、イギリス英語でもかなり違います。Fryと言う動詞は英語で「揚げる、焼く」という意味なので、アメリカ英語では揚げたもの、ということでFriesになったとも言われています。しかし、イギリス英語はChips(チップス)になります。日本語、またはアメリカ英語で考えたらポテトチップスの意味になりますが、イギリスではフライドポテトの意味なのです。イギリスの有名料理、Fish and Chips(フィッシュ&チップス)のChipsはフライドポテトなのです。これでイメージがしやすくなりましたね。

 

しかし、イギリスでフライドポテトのことをChipsと言うのならば、ポテトチップスはなんと言うのでしょうか?

正解は、Crispsです!発音するとクリスプスとなります。英語にCrispyという形容詞がありますが、意味は(食感が)カリカリする、です。

 

  • おむつ

赤ちゃんのおむつは英語でどう言うか知っていますか?

 

【アメリカ英語】 Diaper

【イギリス英語】 Nappy

 

アメリカ英語ではDiaper、発音はダイパーです。イギリス英語ではNappy、発音はナッピーです。このように同じ意味なのに違う単語を使うケースは、オーストラリアにもあります。おむつの場合はオーストラリアでもイギリスと同じ、Nappyです。

実はNappyはアメリカ英語では違う意味を持っているのです。髪の毛が小さいきついカールの状態のことを言います!同じ英語でもこんなに違うのですね。

 

350164368_ce9abb60b5_b

 

  • コンセント

日本語でコンセントは電化製品などをつなぐ口ですが、アメリカとイギリス英語ではどのように言うのでしょうか?

 

【アメリカ英語】 Outlet

【イギリス英語】 Socket

 

海外で携帯を充電したいときに「コンセントはどこ?」と聞くときは、単語が違うため行く国によって言い方が違います。アメリカにいるときは“Where’s the outlet?”、イギリスにいるときは“Where’s the socket?”と言い方が違うので気をつけてくださいね。

今回の、同じ英語でもこんなに違う!アメリカ英語とイギリス英語で違う単語、はいかがでしたか?英語でも単語がこんなに違うとその文化の違いも見えてきますね!

 

Contradicting
photo credit: Ana Kasparian with supporter via photopin (license)

Outlet
photo credit: Creative Outlet via photopin (license)

 

 

About mahoi

日本、アメリカのカリフォルニア州で育ったバイリンガル。英語で経営の勉強をしており、現在はスペイン留学してスペイン語習得に挑戦しています!おもしろい記事をシェアできたらいいなと思っています♪