Home / 英語学習法 / 英語が時々聞き取れない理由の犯人は・・・リエゾン!リエゾンの例を見ながら解説!

英語が時々聞き取れない理由の犯人は・・・リエゾン!リエゾンの例を見ながら解説!

こんにちは。みなさんは英文を見たら理解できるのに、ネイティブがその同じ文章を話すのを聞いたら理解できない時はありますか?それは全然普通です。目の前に見える英語の音と、聞こえる音が異なるため理解できないということが起こります。英語の単語と単語が繋がって聞こえてくる音、それが「リエゾン」です。今日は時々英語が聞き取れなくする犯人、リエゾンについてみなさんにクイズ形式で解説したいと思います。

 

16930521965_e0fb31001b_b

 

1つ目は簡単なものから、2つ目は難しい例を見てみましょう!

 

まず、英語で発音される音を日本語で書くので、それがどういう文章なのか当ててみてください。

 

  • 「ワダーユーデューイン」 “Wadayudoin?”

オプション1:What do you doing?

オプション2:What are you doing?

 

これの答えは、オプション2です!

ポイントは “What are”のところです。繋げて声に出してみると「ワッター」と言うふうになってしまうと思いますが、ネイティブスピーカーは「ワッダー」と言うふうに発音します。ターとダーの違いですが、ターだと出す音の勢いがダーに比べたら大きいのです。なめらかに、流れるように聞こえるのがリエゾンです。なので、ネイティブは努力しないで出てくる音で話すため、オプション2のWhat are you doingは「ワッダーユーデューイン」と発音されます。

それでは2問目の難しい例です!

 

Highways Agencys Images are protected by copyright. This Image cannot be used without a license agreement. You must comply with the license applicable to the reproduction of this Image. Terms and Conditions at www.photos.highways.gov.uk

 

  • 「ワダヤワン?」 “Wadayawan?”

オプション1:What do you want?

オプション2:What day one?

 

これはオプション1が答えです。答えが分かった方はすごいです!

 

日本語の発音だけ見て分かりましたか?英語で書くとWadayawan?になります。実はこの例、私が最近弟に使った文章で今回紹介させて頂きました。私がテイクアウトでお昼ご飯を買いに行ったときに、弟が何を食べたいのかが分からなかったので、Wadayawan?と聞きました。

What do you want?「ワット デュー ユー ワント?」と「ワダヤワン?」を2つ声に出して言ってみると最初のが少しカクカクして聞こえるのがわかりますか?反対に2つ目は流れる様に聞こえます。このように言語は話しやすいように変化していくため、リエゾンが存在するのです。

今回の「英語が時々聞き取れない理由の犯人は・・・リエゾン!リエゾンの例を見ながら解説!」はいかがでしたか?リエゾンは少しずつ慣れていくものです。これからの記事でも、もう少しリエゾンについてピックアップしようと思っていますので、またCheck outしてみて下さいね!

 

Speaking
photo credit: GRDevDay 2015 via photopin (license)

Listening
photo credit: HA1-000733 via photopin (license)

About mahoi

日本、アメリカのカリフォルニア州で育ったバイリンガル。英語で経営の勉強をしており、現在はスペイン留学してスペイン語習得に挑戦しています!おもしろい記事をシェアできたらいいなと思っています♪