Home / 表現集 / 意外と違う!英語と日本語でとらえる動物の鳴き方

意外と違う!英語と日本語でとらえる動物の鳴き方

こんにちは!突然ですが、日本語では犬が鳴くときは「ワンワン」、猫が鳴くときは「ニャーニャー」ですよね。では英語で犬はどう鳴くか知っていますか?猫はどう鳴くか知っていますか?今日はそんな英語と日本語の意外と違う動物の鳴き声のとらえ方について皆さんとシェアしたいと思います!

 

Jonah

 

まず日本語では「ワンワン」と鳴きますよね。英語では・・犬の鳴き声は2通りあります。

 

Dog: “Woof woof!” “Bow wow”

 

一つ目の “Woof woof!” は「ウォフウォフ!」と発音し、二つめの “Bow wow” は「バウ ワウ」と発音します。日本語の「ワンワン」とはかけ離れていますよね。しかし、小さい頃に英語圏の子供達はこのように学ぶのです。

 

15831441523_a04889a010_b

 

それでは、猫はどうでしょう?日本語では「ニャーニャー」と鳴きますが、英語では・・・

 

Cat: “Meow”

 

“Meow” はどのように発音するかというと、「ミアーゥ」です。ここのポイントは”eo”で「ア」の発音になることです。またここが一番単語の中で強く発音する部分でもあります。ニャーニャーとMeowは少し似ていますよね!

 

それでは次にアヒルに移りたいと思います。日本語は「ガーガー」と言いますが、英語ではどうなるのでしょうか?英語でアヒルのことをDuckと言います。

 

Duck: “Quack quack!”

 

“Quack quack!”の発音は「クワックワッ」です。日本語とは少しかけ離れていますよね。個人的に、日本語のガーガーより英語のクワックワッの方が可愛い感じで、馴染みが持てそうな動物に感じるのですが・・

 

もっとレベルアップしていきます。ひよこに移ります。ひよこは英語で”Chick”と呼びます。日本語でひよこが鳴くときは「ピヨピヨ」ですよね。それでは、Chickの鳴き声は何でしょうか?

 

Chick: “Chirp chirp”

 

“Chirp chirp”の発音は「チャープ、チャープ」です。これは日本語の鳴き声とはまたちょっとかけ離れていますよね。また、小鳥も同じ鳴き声をします。

それでは次に同じ鳥類の七面鳥の鳴き声に移りたいと思います。

 

七面鳥は”Rooster”と英語で表しますが、日本語で七面鳥は「コケコッコー」と鳴きますよね。英語ではどうでしょうか?

 

Rooster: ”Cockadoodledoo”

 

そうです!七面鳥は英語で「コッカデュードルデュー」と鳴くのです。日本語と似ている部分ありますよね。牧場で朝、目覚まし代わりになってくれるのが、”Cockadoodledoo”なのです!

 

最後にSheep、日本語で「羊」の鳴き声を見て行きましょう。日本語では羊は「メェー」と鳴きますよね。英語では・・・

 

Sheep: “Baaa”

 

これは見て分かるように、「バァー」と発音します。こう見ると日本語の「メェー」の方が可愛いですよね。

 

今回の、意外と違う!英語と日本語でとらえる動物の鳴き方、はいかがでしたか?同じ動物なのに、違う言語や違う国だけでこんなに鳴き方が違うと、比較ができて面白いですよね。

 

Dog
photo credit: Jonah via photopin (license)

Cat
photo credit: Wild via photopin (license)

About mahoi

日本、アメリカのカリフォルニア州で育ったバイリンガル。英語で経営の勉強をしており、現在はスペイン留学してスペイン語習得に挑戦しています!おもしろい記事をシェアできたらいいなと思っています♪