Home / 表現集 / みんなが知っている日本語での衣類の単語を言っても通じない!?気をつけたい「服」のフレーズ集

みんなが知っている日本語での衣類の単語を言っても通じない!?気をつけたい「服」のフレーズ集

みなさん、こんにちは。衣服は私たちの生活には欠かせないものですよね。服に関しての単語は多くありますが、パンツ、シャツ、チャック、実はすべて日本語で、皆さんが思っている単語とは英語圏では違う意味を持っていることを知っていましたか?今日は間違えたくない、日本語で使っているけど英語では通じない、服に関してのフレーズをみなさんと一緒に見ていきたいと思います。

 

まず、一番間違えやすく、日本語ではよく使うけれども、実際英語圏では違う意味を持つ単語です。

 

Pants – パンツ

 

日本語でパンツは下着のパンツと捉えますよね。しかし、英語では…パンツはジーパン、ズボンの事を指すのです。ジーパンはJeans pantsの略で、この後ろのPantsこそが、英語圏のズボンなのです。Denim Jeansといったら、まさにジーパンの事を指すのです。そうしたら、英語で下着のパンツのことは何と言うか知っていますか?その正解は…

 

Underwear — 下着

 

Underwear、これは日本語の直訳です。Underは下、Wearは着る物、下に着る物なので、Underwearになります。これで下着とズボンの差をマスターできましたね!

 

それでは次に移りましょう。これは女性の方は興味がある単語だと思います。みなさんはイアリングと聞いて何を思い浮かべますか?耳に穴が空いてない人用のアクセサリーですよね。実は英語圏でイアリングといったら違うものを思い浮かべます。それは何でしょうか?

 

Earring – ピアス

 

そうなのです!イアリングといったらピアスを思い浮かべるのです。日本とは反対のものですよね。海外では耳が空いている人の方が比較的多いので、やはりEarringといったらピアス!と思うのです。しかし、日本語のイアリングは英語では何というのでしょうか? ”Clip-ons” と呼び、パチンと付けられるのという意味になります。間違えて言ってしまい、自分の欲しかったのと違う物が出てこないような事がないように気をつけてくださいね。

 

最後に、みなさんはワイシャツのことを英語で何というか知っていますか?White shirtではありませんよ。正解は…

 

Shirt – シャツ

 

シンプルにShirtだけで良いのです。もしTシャツが欲しい場合、きちんとT-shirtと ”T” をつけて表現しましょうね!

 

今回の「みんなが知っている日本語で衣類の単語を言っても通じない!?気をつけたい「服」のフレーズ集」はいかがでしたか?英語でコミュニケーションを取るときに今日紹介した単語を間違えないように気をつけてくださいね!

 

photo credit: Earring via photopin (license)

photo credit: IMG_38632 via photopin (license)

About mahoi

日本、アメリカのカリフォルニア州で育ったバイリンガル。英語で経営の勉強をしており、現在はスペイン留学してスペイン語習得に挑戦しています!おもしろい記事をシェアできたらいいなと思っています♪