Home / 海外生活 / 良いことも悪いことも体験する!留学に行って良かった3つの事

良いことも悪いことも体験する!留学に行って良かった3つの事

こんにちは。私は現在留学中なのですが、こちらに始めて来て学んだこと、考えたこと、色々あります。その中で3つに絞って今日はみなさんに私が留学に来て良かったと思ったことをシェアしたいと思います。

 

212382353_0624b8a9a4_o

 

まず、一番目から早速始めたいと思います。

 

#1.You get to know that you are the minority in other countries.

 →他の国に行くとあなたがマイノリティーだと言うことに実感する。

 

実はこれはアメリカから日本に帰国したときに感じたことなのですが、やはり日本にいると緊張しないというか、みんなが自分と同じ人種、国の人だから自分がこの国に当てはまるという安心感を覚えていました。反対に日本でマイノリティーの外国人を、帰国子女の私でも時々電車の中で少し、じーっと見てしまうということがありました。しかし、海外に行ったら反対なのです。黒い髪の毛、黒い瞳の人は少なく、色んな所に行ってもある程度は見られてしまいます。今は慣れたのですが、最初は少し居心地が悪いなと思っていました。日本ではマイノリティーではないので、いざ他の国でマイノリティーになると、日本に住んでいる外国人の気持ちが分かるような気がします。

 

#2.You can really interact with international students.

 →本当に留学生と交流することができる。

 

これは留学してから思ったことですが、留学すると本当に留学生と交流をする事ができます。 私の日本の大学はとても国際的で留学生も多いのですが、留学生と交流をしてすごく仲良くなったという経験があまりありませんでした。いざ私も「留学生」になったら、自分と一緒に入学してきた留学生と仲良くなれるんだと実感しました。また今の自分と同じ状況、家族や友達から離れて新しい地で暮らしている仲間のため、理解し合うことができます。そして色んな国や色んなバックグラウンドを持った人達と交流できる素晴らしい機会となっています。

 

3680459923_2e3c82f037_b

 

#3 It makes you realize that you are representing your country in a foreign country and you will love your country more.

留学すると異国では自分が自分の国を代表しているのだということに気づかされるのと、もっと自分の国のことが好きになる。

 

これは留学に来て一番強く思ったことです。特に私は大学で唯一の日本人なので、日本について留学生や現地の人が知ることができるのは、私しかいないのです。なので、自分が責任を持って今の日本の現状、日本の文化について伝えなければいけません。また、そのように日本について話して、相手が興味を持ってくれると、「日本人で良かった」と実感できるのです。

 

今回の、良いことも悪いことも体験する!留学に行って良かった3つの事、はいかがでしたか?まだ留学に来て少しの時間しかたっていませんですが、色々感じたり、体験する事ができました。

 

World
photo credit: Free Art Friday (4) via photopin (license)

Map
photo credit: world map in Arabic via photopin (license)

About mahoi

日本、アメリカのカリフォルニア州で育ったバイリンガル。英語で経営の勉強をしており、現在はスペイン留学してスペイン語習得に挑戦しています!おもしろい記事をシェアできたらいいなと思っています♪