Home / 英語学習法 / 帰国子女が教える!英単語の覚え方!

帰国子女が教える!英単語の覚え方!

こんにちは。私は時々、帰国子女はどのようにして難しい英単語を覚えているの?と聞かれます。そう言われると少し違っているのかもしれません。何か特別な覚え方があると思いますか?今回のトピックは、帰国子女やネイティブの難しい英単語の覚え方をみなさんに教えたいと思います!

 

331688165_ee32569eff_o

 

まず、どのように覚えるかというと「ラテン語源」を把握することです。英語はラテン語から来ています。英語も難しいのにラテン語も覚えないといけないの?と難しく捉えなくても大丈夫です。数十個、少しラテン語源を頭にストックしておくと簡単に知らない英単語でも意味を把握できたりするのです。

例えば・・・

 

 

Aqua 「水、または水に関するもの」

 

 

Aquaとは「水、または水に関するもの」について表現します。なので、有名なスポーツドリンクAquariusは水に関係しているんだなーと何となく分かりますよね。それでは、英語で水族館のこと何というか知っていますか?Aquaと言う単語が入っていますよ・・・

 

Aquarium 水族館

単語を聞いたことがなくても、Aquaを知っていたら、水に関するところ何だな。水族館かな?と推測ができるのです!Aquaが入っている単語に遭遇したら、水に関係していると直感でわかってしまいますね!

 

 

 

ここで引き続き、Aquariumの後半、”ium”についての解説!

 

“- ium”  〜の集合体、集まり

〜iumという単語は沢山ありますよ。例えば、

Aquarium(水族館), Stadium(スタジアム), Planetarium(プラネタリウム), Symposium(シンポジウム)

 

これらはすべて大きな場所、集まる場所に関する言葉ですよね。語尾をよく見たら〜iumで終わっています。このように、語源を少し知っているだけで、単語のチェーンができて、繋がっていくのと、知らない単語に遭遇しても予測がつくようになってくるのです。

3413603682_d22a30a49c_b

最後に知ってて便利なラテン語語源を紹介します

 

“Tele”  「遠くの、遠くのもの」

 

みなさん、英語で電話のことを何と言いますか?そうです。Telephoneですよね。遠くの人をつなぐ機会、それが電話ですよね。Teleは「遠くの、遠くのもの」という意味があり、他にもこれを含む単語は、Television(テレビ), Telegram(電報), Telepathy(テレパシー、以心伝心)など、遠くにいる人をつなぐ単語のなかにTeleというラテン語源が入っています。

 

今回の「帰国子女が教える!英単語の覚え方!」はいかがでしたか?ラテン語源は分からない単語をひもとくカギになってくれるので知っていると便利です!これからももう少しラテン語源をみなさんに紹介していきたいと思います!

 

 

Reading
photo credit: Huuuu! via photopin (license)

Books
Photo credit: Jinan via photopin (license)

About mahoi

日本、アメリカのカリフォルニア州で育ったバイリンガル。英語で経営の勉強をしており、現在はスペイン留学してスペイン語習得に挑戦しています!おもしろい記事をシェアできたらいいなと思っています♪