Home / カルチャー / オーストラリア人と話して分かった!アメリカ英語と言い方が違う単語とは?

オーストラリア人と話して分かった!アメリカ英語と言い方が違う単語とは?

こんにちは!みなさんは、英語と言えば、何英語を想像しますか?アメリカ英語ですか?イギリス英語ですか?それともオーストラリア英語ですか?また、フィリピンの英語もあります。このように世界には英語圏が沢山あります。そのなかで、ここ1ヶ月でオーストラリアの友達2人ととても仲良くなり、オーストラリアの英語、または英単語って少し違うなと感じました。そこで今日はオーストラリア英語ってアメリカ英語とどんな単語が違うの?を皆さんにシェアしたいと思います。

 

3095713328_89a858d52a_b

 

いまでは学校の教科書でもアメリカ英語が主流になってきていますが、昔はイギリス英語で教育が行われていました。そのためあまりオーストラリア英語に触れたことがない人が多いのではないでしょうか?そこで今日は3つの英単語を紹介します!

 

 

Heaps – 沢山の、大勢の (オーストラリア英語)

Lots of – 沢山の、大勢の (アメリカ英語)

 

オーストラリア英語で沢山、と表すときは、Heapsと言います。発音は「ヒープス」です。最初の2週間その友達たちがHeapsと言う単語よく使っているなと思ったのですが、あとで聞いたらそれはオーストラリア風の”Lots of”だと言っていました。そこでHeapsを使った文章を紹介します。

 

Yesterday I went to go see the opera but there were heaps of people!

昨日オペラを見に行ったけど、沢山の人がいたわ!

 

8918505855_8d7225d556_b

それでは次の単語に移ります。

 

Sunnies – サングラス (オーストラリア英語)

Sun glasses – サングラス (アメリカ英語)

 

サングラスのことをSunnies (サニーズ)と言うのです!可愛いですよね−!まだスペインでは暑いのでサングラスは必需品なのですが、そのときに友達が言っていたのが・・・

 

I forgot to bring my sunnies! Can I quickly go back home and get them?

私のサングラス持ってくるの忘れちゃった!家にすぐ帰って取りに行ってもいいかな?

 

 

そして最後の違う単語はこちら!

Barbies – バーベキュー (オーストラリア英語)

Barbeque – バーベキュー (アメリカ英語)

 

バーベキューのことは、バービー人形のようにBarbiesと表現するそうです。SunniesもBarbiesもそうですが、友達曰くオーストラリアの人は省略するのが好きだそうです。オーストラリアの代名詞とも言えるバーベキューは馴染みを持ってもらうためにもBarbiesと言うようになったのかも知れないですね。

 

I went to a party at my friend’s house where they had barbies.

私の友達のパーティーに行ったらバーベキューをやっていた。

 

今回の【オーストラリア人と話して分かった!アメリカ英語と言い方が違う単語とは?】はいかがでしたか?英語でも私が知らなかった単語やフレーズが沢山有りました。国によって英語の表現の仕方が違うととても面白いですね!
Fly the Flag via photopin (license)
photo credit:
Paphos-Map via photopin (license)

About mahoi

日本、アメリカのカリフォルニア州で育ったバイリンガル。英語で経営の勉強をしており、現在はスペイン留学してスペイン語習得に挑戦しています!おもしろい記事をシェアできたらいいなと思っています♪