Home / カルチャー / 日本とはとても違う!驚きのスペインの食事の時間!

日本とはとても違う!驚きのスペインの食事の時間!

こんにちは。皆さんは、朝、昼、晩ご飯は何時に食べますか?朝ご飯は6時から7時、お昼ご飯は12時頃、夜ご飯は7時から8時頃ですよね。しかし、私が今住んでいるスペインの食事の時間は日本とはとても異なるのです!今日はそんな日本とは全く違うスペインの食事の時間について紹介したいと思います。

 

110573552_ba2a1930ed_o

 

最初に朝ご飯から!みなさんは朝ご飯をしっかり食べますか?実はスペインの人は・・・朝ご飯をしっかり食べません。

 

Spanish people drink a cup of coffee around 8o’clock, when they get up.

スペイン人は起きたときにコーヒーを一杯飲む。

 

それで仕事や学校に出かけます。おなか空かないの?と思いますよね。だけど、大丈夫なのです。

 

2743057818_f71ea44e24_b

Around 11 o’clock, they eat something light like a sandwich.

11時頃にサンドイッチの様な軽いものを食べる。

軽食並みでサンドイッチを食べます。だけど、お昼ご飯これだけ?と思うかも知れません。しかしスペインのお昼ご飯の時間は遅いのです。

 

From 2 to 4 o’clock, they have their lunch.

2時から4時の間にお昼ご飯を食べる。

スペインのお昼の時間は長く、また遅いのです。朝ご飯がとても少ないため、お昼ご飯は、日本の夕食並みに多く食べます。ファーストプレートにスープや野菜炒めなど多めに出てきて、メインプレートは魚や肉の料理です。その後にデザート、プリンやタルトなどが出てきます。少しお昼にしては多いですよね。お店だと、フルコースの食事は10から18ユーロの値段で食べられます。

こんなに遅くお昼ご飯をいっぱい食べるのだったら、夜ご飯は何時に食べるの?と思いますよね。実は・・・

 

Spanish people start eating dinner from 8:30 to 10:30, but some people start eating even later.

スペイン人は夜の8時半から10時半からご飯を食べ始めるが、何人かはもっと遅く食べ始める。

 

日本人からしたらちょっとビックリですよね。そんな遅いのは飲み会に行って飲んで食べるくらいの時だけですよね。夜ご飯はお昼より少なめなのですが、寝る1,2時間前まで食べているので、スペイン人の友達曰くとてもおなかいっぱいで眠りにつかないといけないと言っていました。日本人は食べてから消化して寝るため、健康的なライフスタイルを送っていると言われるのかも知れないですね。

 

今回の【日本とはとても違う!驚きのスペインの食事の時間!】はいかがでしたか?国によってこんなに食事の時間が違うと旅行したときになれるまで時間がかかりますよね。

 

photo credit: Healthy Breakfast via photopin (license)

photo credit: We Finally Went to Islands via photopin (license)

 

About mahoi

日本、アメリカのカリフォルニア州で育ったバイリンガル。英語で経営の勉強をしており、現在はスペイン留学してスペイン語習得に挑戦しています!おもしろい記事をシェアできたらいいなと思っています♪