Home / カルチャー / アメリカの子供達がサンタさんに来てもらうために前日に必死に行うこととは?

アメリカの子供達がサンタさんに来てもらうために前日に必死に行うこととは?

みなさんこんにちは。もうクリスマス本番に差し掛かってきましたね。クリスマスはアメリカ人にとったらとても大きなイベントです。そこで、子供達はサンタさんにおもちゃをもらうためにクリスマスイブに必死になるのです。そこで今日はアメリカの子供達がサンタさんにお家に来てもらうためにする事を皆さんに伝えたいと思います。

6472145341_5e88611175_b

最初に多くの子供が行うこと、それは…

 

Many kids write a letter to Santa, telling they have been a nice kid for a year, and write down what they want for their gift.

多くの子供達はサンタさんにお手紙を書き、一年中良い子だったことと、欲しいプレゼントを書き出します。

 

これは多くの日本人の子供達が行うことですが、しかし、一年中良い子だったことを書くのは海外の文化だと思います。実はサンタさんは良い子リストと悪い子リストを持っていて、良い子リストに載っている子達だけがプレゼントをもらえるのです。悪い子リストに載ってしまったら、クリスマスの朝、プレゼントの代わりに石炭がストッキングの中に入っています。これを恐れ、多くの子供達は良い子でしたとサンタさんに証明しようとします。

312861184_cbc9066239_o

They make chocolate chip cookies and warm milk for Santa to eat and drink, when he visits their house.

彼らはサンタさんがお家に来たときに、食べて飲めるようにチョコレートチップクッキーと温かいミルクを用意します。

 

手作りのチョコレートチップクッキーを3,4枚用意して、温かいミルクを用意します。それは沢山のお家を回っているサンタさんと、トナカイの疲れを癒すためなのです。クッキーはトナカイ用も作るお家も少なくはありません。25日の朝に起きたときにクッキーがなくなっていて、クッキーの欠けらしかのこっていなかったら子供達はサンタさんが来た印だ!と大はしゃぎします。

 

After Santa leaves, the elves leave little chocolates from the kids’ bed to under the Christmas tree so that they know where the gifts are.

サンタさんが帰った後、こびと達が子供にプレゼントがどこにあるか知らせるため、彼らのベッドからクリスマスツリーの下まで、小さいチョコレートを落として教えてあげます。

そのため子供達は、朝起きたらチョコレートを食べながらプレゼントまでの道のりを楽しみます。サンタさんの助っ人、こびと達も一人ひとり子供達のお家をまわらないといけないので一苦労です。

 

今回の【アメリカの子供達がサンタさんに来てもらうために前日に必死に行うこととは?】はいかがでしたか?子供達がこれらの事を行い、毎年素晴らしいプレゼントをもらっています。

 

photo credit: Light & Hope via photopin (license)

photo credit: via photopin (license)

 

About mahoi

日本、アメリカのカリフォルニア州で育ったバイリンガル。英語で経営の勉強をしており、現在はスペイン留学してスペイン語習得に挑戦しています!おもしろい記事をシェアできたらいいなと思っています♪