Home / カルチャー / 帰国子女が日本に帰ってきてからの英語の保ち方。バイリンガルに育ててくれた両親に感謝していること〜パート3〜

帰国子女が日本に帰ってきてからの英語の保ち方。バイリンガルに育ててくれた両親に感謝していること〜パート3〜

みなさんこんにちは。前回は両親が私をバイリンガルに育てるために行ってくれたことを少し紹介しましたが、今回のパート3が最終回です。今日のパート3はアメリカで6年間育ってきた私が日本に帰ってきてから両親が、私にバイリンガルでいるために行ってくれたことをみなさんにシェアしたいと思います。

 

3602855609_b5c8d75240_b

 

日本に帰る前にアメリカにいるときに沢山行ってくれたこと、それは

 

They took me to many famous places in the United States that I cannot see or experience in Japan.

彼らは日本で見ることや感じることができないアメリカのたくさんの名所に連れて行ってくれた。

 

これは家族での思い出ができただけではなく、アメリカに住んでいたからこそ体験できたことだと思っています。アメリカの南部の方に旅行に行ったときは、アメリカの先住民の人達に触れることができ、学んだりすることができました。小さい頃から異文化に触れさせてくれたことによって今の自分が世界に目を向けられるようになったと実感しています。

 

日本に帰ってきたあとは英語より日本語に苦労しました。そのため親は自分のペースに合わせて教えてくれる日本の個別塾と、英語力が落ちないよう英会話の塾に通っていました。そんななか、私が日本に帰ってきてから感謝しているのは、

 

They still let me communicate in English with my brother, the language that I was most confortable with when talking to him.

彼らは帰ってきても私の弟と私がコミュニケーションを取るときに私が一番心地よいと感じる英語で話させてくれた。

 

実はアメリカにいるときから私と私の弟は英語で話していたのですが、日本に帰ってきても、お家だから日本語で話して、と強要されなかったので、自分らしくいることができたと思っていますし、英語力が維持できました。また、

 

5792541468_764530105c_b

 

They got me lots of English books so that I can sustain my English level to the kids my age.

彼らは沢山の英語の本を買ってくれ、自分の英語力が同じ年の子に維持できるようにしてくれた。

 

これは、日本語漬けの毎日のストレスから解放されるためのよいツールでした。また、自分の年の子達にあった英語の本を買ってくれていたため、難しい英単語を学び続けることもできました。

 

このように私がバイリンガルであることは私の親たちがそのシチュエーションにあったベストな行動を取ってくれたからだと感じています。ただ英語が話せるようになったのではなく、両親の努力があったからバイリンガルになれたのです。

 

今回の【帰国子女が日本に帰ってきてからの英語の保ち方。バイリンガルに育ててくれた両親に感謝していること〜パート3〜】はいかがでしたか?また帰国子女、バイリンガルのネタを書こうと思うのでお楽しみに!

 

photo credit: one little boy reading “ten little zombies” – MG 1127.JPG via photopin (license)

photo credit: Sunday Reading Club With New Member via photopin (license)

 

About mahoi

日本、アメリカのカリフォルニア州で育ったバイリンガル。英語で経営の勉強をしており、現在はスペイン留学してスペイン語習得に挑戦しています!おもしろい記事をシェアできたらいいなと思っています♪