Home / 海外生活 / 帰国子女の私がアメリカの大学に進学しなかった理由

帰国子女の私がアメリカの大学に進学しなかった理由

みなさん、こんにちは。私は現在日本の大学に在籍しているのですが、よく話す方から「帰国子女だったら海外の大学へ進学するというオプションもあったんじゃないの?」と質問されます。そこで今日はなぜ帰国子女の私がアメリカの大学に進学しなかったのかを、みなさんにフレーズと一緒にお伝えしたいと思います。

8699308432_ed4e871e14_b

最初の理由は、

 

It is very expensive to go to universities abroad, especially if you go to an American university.

海外の大学、特にアメリカの大学に通うのは膨大な費用がかかる。

 

アメリカの名門大学を見ても一年で平均430万円ほどかかります。日本の一年間の授業料の3倍程するため、それは金銭的に自分にはあまり適してないかもと思いました。

 

American university students usually get scholarships or loans to go to university.

アメリカの大学生達も大学に通うため奨学金やお金を借りている。

 

よっぽどの裕福な家庭ではなければ、親は授業料を出してくれません。しかし普通の家庭で育ったMiddle Classの子達も大学に行きますよね。アメリカの概念では親は大学の授業料をほとんど払いません。そのためアメリカの高校生は、大学に進学すると決めた時点からお金を貯めたり、借りたり、奨学金(支給のものが多い)をもらったりして大学で勉強しています。そこの観点が日本と違うなと感じました。

 

8261387366_5ffb2d2608_b

Another reason is that I was interested in Liberal Arts studies so it was not very rational for me to pay a high amount of money to go to American University.

もう一つの理由は私が勉強したかったのが教養学部だったので、高いお金まで払ってそれをアメリカの大学で勉強するのは割に合わないと思った。

 

もしアメリカでしか学べない、またはトップレベルの大学である専門を学びたかったら別なのですが、私の場合幅が広い教養学部で勉強がしたかったので、海外で勉強するのは自分にとってあまり良いオプションではないなと気付きました。

 

One of the biggest reason was because I still wanted to live with my family.

一番大きな理由はまだ自分の家族と一緒に住みたかったから。

 

アメリカの大学は寮生活だったり、大学生活を機に一人暮らしを始める人が多いのです。しかし私の場合は、東京に引っ越してきてまだ数年しか経っていなかったため、もっと家族と一緒に住みたいという願望が大きかったのです。そのため私は日本でも国際的な教養学部がある大学へ進学することにしました。

 

今回の【帰国子女の私がアメリカの大学に進学しなかった理由】はいかがでしたか?みなさんはもし機会があれば、アメリカや海外の大学に通ってみたいと思いますか?

 

photo credit: Georgetown University via photopin (license)

photo credit: Hokkaido University School of Science. via photopin (license)

About mahoi

日本、アメリカのカリフォルニア州で育ったバイリンガル。英語で経営の勉強をしており、現在はスペイン留学してスペイン語習得に挑戦しています!おもしろい記事をシェアできたらいいなと思っています♪