Home / カルチャー / 海外に住んでみて「こんな文化が日本にあったら良いな」と思った瞬間とは?

海外に住んでみて「こんな文化が日本にあったら良いな」と思った瞬間とは?

こんにちは。みなさんは日本のこんな文化が好き!というところはありますか?私は日本人の気遣いや丁寧さが世界に誇れる文化だと海外に住んでみて良く感じています。また海外生活が長いと、海外の文化の素敵なところも見えてきます。そこで今日は海外に住んでみて「こんな文化が日本にあったら良いのに!」と思った瞬間を皆さんにシェアしたいと思います。

 

383631597_d6c9bcc006_o

アメリカに住んでいるときから、思っていたことそれが…

 

That many Americans hug even if you aren’t very close to them.

多くのアメリカ人はすごく仲良くなくてもハグをよくする。

クラスメートとハグ、先生とハグ、両親とハグ。学校が終わりクラスから出てきたら外で待ってくれているお母さんに一番に子供達はハグやキスをしに行きます。とてもスキンシップが多い環境で育ったため、日本に戻ってきたときに少し人肌恋しい様な気がしました。

 

When I met my returnee friend in Japan, we causally hugged but people around us saw us like we were apart for a long time.

日本で帰国子女の友達に会ったときにカジュアルにハグをするのですが、周りの人は私たちが長い間合ってない友達かの様な目で見られました。

 

745670555_cbdc9ee3d2_o

 

また、ヨーロッパではハグよりも…

 

People kiss each other’s cheeks for greetings.

挨拶でおたがいのほっぺたにキスをする。

最初は少しビックリしたのですが今ではすっかり慣れています。この文化がとても好きな理由は、初対面の人でもほっぺたにキスをするので距離を近づけてくれるような気がしますね。またヨーロッパの人達は離す距離がとても近いのです。時々つばがかかってきますが、話すときに距離が近いのは親近感が増すなと感じました。

 

Another great culture is the Latin American culture of asking how that person is doing.

もう一つの素敵な文化はラテンアメリカの、人の調子や様子を伺う文化です。

先週ずっとラテンアメリカの人達に囲まれて暮らしていたのですが、よく毎朝、

 

“How are you doing? Did you sleep well? What did you eat?“

「調子はどう?よく寝れた?何を食べたの?」

 

と質問が多いなと最初は感じたのですが、相手の人の調子や気分を伺う質問を行ってくれると自分は相手に考えてもらえているのだなと感じる事ができて,毎日良い気分で過ごすことができました。このように相手の気分や調子を伺えるラテンアメリカの文化は素敵だなと感じました。

 

今回の【海外に住んでみて「こんな文化が日本にあったら良いな」と思った瞬間とは?】はいかがでしたか?みなさんも海外での素敵な文化を知っていたら教えて下さいね。

photo credit: Daddy’s Girl? via photopin (license)

photo credit: August 014 (Small) via photopin (license)

About mahoi

日本、アメリカのカリフォルニア州で育ったバイリンガル。英語で経営の勉強をしており、現在はスペイン留学してスペイン語習得に挑戦しています!おもしろい記事をシェアできたらいいなと思っています♪