Home / 表現集 / ネイティブが教える!英語の自己紹介のかっこいい終わり方とは?

ネイティブが教える!英語の自己紹介のかっこいい終わり方とは?

みなさんこんにちは。みなさんは英語で自己紹介をするのは得意ですか?また、みなさんは英語で自分の名前、バックグラウンド、趣味を相手に自己紹介した後、どのように会話を締めますか?”Ok. Thank you.”で終わるのは少しかっこ悪いですよね。そこで今日は、みなさんにどうすれば自己紹介をかっこよく終えることができるか、その英語フレーズを伝授したいと思います。

23599781763_8da7b0ff6e_b

まず自己紹介で名前や趣味を相手に伝え、会話が弾んだ後、別れの時がやってきます。そこで最後に一言添えたらかっこいいフレーズがこちらです。

 

Well, I had fun talking to you.

あー、あなたと話せてとても楽しかったよ。

 

“Well”と言うのは相づちで、話を区切る単語になります。この単語が最初に来ることにより、相手はこの人が会話を締めようとしているのだなと感じることとができます。また、その人とのひとときが楽しかったことを伝えることで、相手も良い印象を持ってくれて、スムーズな会話の終わり方ができます。また、

 

We should talk sometimes again.

また時々一緒に話そうよ。

これはカジュアルな会話の締め方で、フォーマルの場でなければ使えるフレーズです。またこの人と一緒に話したいという好印象を相手に与えることができるので、オススメのフレーズです。似たフレーズでよく使えるのが、

18990549764_4659e6c77f_b

We should go for a drink soon.

近々一緒に飲みに行こうよ。

 

日本語でも使いますよね。しかしこのフレーズで気を付けないといけないのは、英語圏の人に「近々飲みに行こうよ」と言うと約束と捉えてしまうので、80%一緒に飲みに行くものと理解してしまいます。日本語の感覚とはちょっと違うので気をつけて使って下さいね。本当に一緒に飲みに行きたいと思った人だけに言うのが良いでしょう。

 

I will see you around the office.

また社内でね。

 

一緒の職場だったら、「またね」と言う感覚で会話を終わることができます。また、どのシーンでも使える会話の締め方が、

 

See you soon! Let’s talk again.

また近々に会おう!また一緒に話しましょう。

 

これはビジネスでもインフォーマルなシーンで使えるので、覚えておいたら便利なフレーズです。

 

今回の【ネイティブが教える!英語の自己紹介のかっこいい終わり方とは?】はいかがでしたか?今回が自己紹介の最終編でしたが、みなさんも会話の始め方、趣味の伝え方、会話の締め方をマスターして、積極的に英語で自己紹介してみて下さいね。

 

photo credit: Ciao via photopin (license)

photo credit: Ciao via photopin (license)

About mahoi

日本、アメリカのカリフォルニア州で育ったバイリンガル。英語で経営の勉強をしており、現在はスペイン留学してスペイン語習得に挑戦しています!おもしろい記事をシェアできたらいいなと思っています♪