Home / 表現集 / 日本語の「うそ!」「マジで!?」を英会話でも使ってみよう!

日本語の「うそ!」「マジで!?」を英会話でも使ってみよう!

みなさんこんにちは。普段会話しているときに「うそ!」「本当に?」「マジで!?」とよく使いますよね。英語も同じでよく使うのですが、みなさんは英語で「うそ!」「マジで!?」って何て言うか知っていますか?今日は知っていたらネイティブをビックリさせられる、英語で「本当に?!」というフレーズを沢山一緒に見て行きましょう!

15331939385_f10fa0c1b7_b

 

最初は初級編です。多くの方が知っていると思いますが、「本当に?」は、

 

Really? – 本当に?

Really? は、日本人の方が英語で会話をしているときに良く聞くフレーズです。一緒に例文を見ていきましょう。

 

Luke: “Have you seen the latest Disney movie? It was very interesting.”

Jen: “Really? I haven’t watched it yet since many people say it wasn’t great.”

ルーク:「(あなたは)最新のディズニー映画見た?とても面白かったよ。」

ジェン:「本当に?多くの人がそれほど良くなかったって言っていたからまだ見てないや。」

 

このように“Really?”は良いシチュエーションでも、ネガティブの意味でも使える便利で簡単なフレーズなのです。それでは次は中級を見て行きましょう。

 

You must be joking – 嘘でしょ、マジで!?

You’re kidding me -  嘘でしょ、マジで!?、本当に?!

No way – そんなことないでしょう!、嘘つけ!、あり得ない!

 

Jokeは嘘をつく、イタズラをするという意味なので、最初は、日本語で直訳すると「嘘ついてるんでしょ?」という風になりますが、マジで!?という意味です。Kiddingも嘘をつくという意味なので、2つとも一緒のニュアンスで使う事ができます。またNo way!もよく映画などでもよく使われるフレーズです。例文を見てみましょう。

22727015249_655f2ff9ce_b

Jen: “Did you hear that David and Lynn broke up?”

Luke: “You’re kidding me. They’ve been together for 5 years!”

ジェン:「デイビッドとリンが別れたって事聞いた?」

ルーク:「嘘でしょ!だって彼らは5年間も一緒だったんだよ!」

 

最後はネイティブしか使わない、知っていたらクールな「マジで?!」のフレーズです。

 

Get out of here! – 嘘でしょ?、マジで?、本当に?

 

Get out of here は直訳したら「ここから出て行け!」という意味ですが、本当に?マジで?をここから出て行け!くらいの勢いで表現したいときに使える上級のフレーズなのです。

 

Luke: “The Mariner’s lost to the Giants by 6-0.”

Jen: “Get out of here! That’s just insane!”

ルーク:「マリナーズがジャイアンツに6-0で負けたんだよ。」

ジェン:「マジで?!なんてばかげてるんだ!」

 

今回の【日本語の「うそ!」「マジで!?」を英会話でも使ってみよう!】はいかがでしたか?みなさんも是非英会話の中で使って見てネイティブの人をビックリさせて見て下さいね。

photo credit: Titus’s surprised look via photopin (license)

photo credit: Adriana via photopin (license)

About mahoi

日本、アメリカのカリフォルニア州で育ったバイリンガル。英語で経営の勉強をしており、現在はスペイン留学してスペイン語習得に挑戦しています!おもしろい記事をシェアできたらいいなと思っています♪