Home / カルチャー / 海外に住むと写真を撮るときピースサインをしなくなった!?

海外に住むと写真を撮るときピースサインをしなくなった!?

みなさんこんにちは。多くの方が住む環境は、人の行動や性格を変えると聞いたことがあります。実際に海外に住んでみて、日本では普通にやっていたことを急に行わなくなったと思ったことが度々あるのです。そこで今日は日本を離れてから行わなくなった日本人らしい行動、写真を撮るときのピースサインについて、その理由をみなさんに共有したいと思います。

14539687175_6ebc9f282f_b

まず、海外に住んで1ヶ月ほど経った頃、これを行わなくなった!と思った事は…

 

I stopped making a peace sign whenever I take pictures.

写真を撮るときにピースサインをしなくなった。

 

実は面白いことに、小さい頃アメリカに住んでいるときもピースサインをして写真を撮ってはいませんでした。周りの友達は、写真を撮るときは笑顔だけだったからです。しかし日本に帰ってきたら、みんながピースサインで写真を撮っていたので、その波に乗っていつもピースサインポーズをしていました。それでもピースサインをするとアジア人だねと海外では言われるので、アメリカではしませんでした。

 

When I take pictures abroad, I smile with my teeth showing but in Japan I smile without showing my teeth.

海外で写真を撮るときに笑顔を作るときは歯を見せるのですが、日本では歯を見せない。

特にアメリカは白くて歯並びが良い歯は自慢するものと捉えるため、歯を見せる笑顔を作ります。しかし、日本に帰ったら周りの人が歯を見せて笑顔を作っていなかったので、海外の友達に笑顔が下手になったねと言われてショックを受けたのを覚えています。また顔の輪郭が日本人らしくなったねと言われました。

 

それではピースをしないとしたら海外の人はどのように写真を撮るのでしょうか?

 

They usually put their arms around their friend’s hips when taking a group picture.

グループで写真を撮るときは多くの場合友達の腰に手を廻す。

日本では知らない人とくっついて写真を撮るのは少し不愉快に感じますが、海外の人は親友でも、会ったばかりの人でもみんな近くによって腰に手を廻して写真を撮ります。最初に海外に住み始めたときはとてもビックリしました。一人で写真を撮るときは…

3279089708_465672f613_o

They place their hand lightly on their hips and tilt their head to one side.

彼らは軽く自分の腰に手を置き、顔の角度を少し傾ける。

 

日本に比べたらアメリカ人もヨーロッパの人もピンで撮られる写真になれていて、自分が一番写真映りの良い角度を把握しているのです。日本人の方はシャイな方が多いためか、一人で撮られたくないと思う人もいますよね。

 

今回の【海外に住むと写真を撮るときピースサインをしなくなった!?】はいかがでしたか?みなさんも海外に行ったら違うポーズに挑戦してみて下さいね。

photo credit: 2014 Edmonton Pride Parade via photopin (license)

photo credit: Happy V-Day! via photopin (license)

About mahoi

日本、アメリカのカリフォルニア州で育ったバイリンガル。英語で経営の勉強をしており、現在はスペイン留学してスペイン語習得に挑戦しています!おもしろい記事をシェアできたらいいなと思っています♪