Home / モチベーション / 引越しの際キープする物、捨てる物の判断の仕方!

引越しの際キープする物、捨てる物の判断の仕方!

みなさんこんにちは。4月の新生活に向けて引越しをした方も少なくないのではないでしょうか?引越しというと、必要な物を箱に詰めたり、お皿は割れないように包んだりなど、意外に手間がかかりますよね。私は転勤族の家庭で育ったため頻繁に引越しをしていた方でした。今日は、最近また引越しを経験した私から、引越しの際にキープする物、捨てる物の判断の仕方をみなさんにお伝えしたいと思います。

25783833626_5baba7e0a0_b

まず、引越しをする日にちが決まったら、

 

You need to start planning what you need to pack and make a list.

引越しで何をパッキングするかのリストを作り計画を立てないといけない。

これはとても重要です。私も引越しをする3週間前から、物を減らしたり、引越しまで使わない物を整理したりして、段ボール箱に入れていました。しかし忙しい日や、パッキングをする気力が失せてしまう日もあります。そうすると引越し当日まで荷物を詰めないといけなくなり、予定が全体的にずれてしまうことがあります。私もぎりぎりまで荷造りをしていて、最後はバタバタとお家を出て行く羽目になってしまいました 。なので、引越しに向けて何を行わないといけないか計画を立てるのはとても大切です。

 

Another important thing is to deciding what to keep and throw away.

もう一つ重要なことは何を手元に残して、何を捨てるかだ。

27290141745_e9494c90d2_b

もし物をなかなか捨てられない人だと、少し古い物、傷が入った物でも「もったいない」と思い、次の新しい住居にも持っていってしまいます。でもそれがよほど自分にとって大切な物でない限り、捨てることをお勧めします。「新しいお家」=「新しいスタート」だと考え、取り替えた方が良い物、少し壊れている物は思いきって捨ててしまい、新しく買った物でフレッシュなスタートを切りましょう。そうすると前向きな気分にもなれますよね!

 

My last advice is to label is which box is for clothes, for kitchen and for kids.

最後のアドバイスはどの箱が服用で、キッチン用で、子供用かのラベルを付けた方がいいことだ。

ラベルを付けていなかったり、ラベルを付けた箱にきちんと物を入れなかったりすると、新しい住居で箱から取り出すときに、自分が入れたはずの物が見つからない、なくなってしまうというのが”引越しあるある”の典型的なパターンです。私も小さい頃、よくオモチャがなくなったりしていました。ラベルを箱に付けることで引越しがとても楽になります。

 

みなさんも引越しをする際は、計画的にきちんと行ってくださいね。

 

photo credit: Don’t leave me! via photopin (license)

photo credit: Moving day via photopin (license)

 

About mahoi

日本、アメリカのカリフォルニア州で育ったバイリンガル。英語で経営の勉強をしており、現在はスペイン留学してスペイン語習得に挑戦しています!おもしろい記事をシェアできたらいいなと思っています♪