Home / カルチャー / 日本のこんなデザインがGOOD!帰国子女が感動したアイテムとは?

日本のこんなデザインがGOOD!帰国子女が感動したアイテムとは?

みなさんこんにちは。海外に旅行で遊びに行ったり、出張に行ったりするとスーパーで「あれ、日本にはないパッケージの商品だ」、「何この食べ物?」と思ったことがあると思います。私はアメリカに住んでいるときには普通だと思っていた食品のパッケージが、日本では違っていたため、なかなかその商品を見つけることができなかったことがあります、そこで帰国子女がビックリした、日本の食品のパッケージについてみなさんにお伝えしたいと思います。

17967933843_b3d87cdf5f_b

最初に日本のスーパーを訪れたときにビックリしたのが…

 

The Japanese mayonnaise is in a soft plastic tube but in the U.S., all the mayonnaise is sold in a glass jar.

日本のマヨネーズは柔らかいプラスチックのチューブに入っていますが、アメリカのマヨネーズはガラスのビンに入って売ってある。

 

反対に日本の方はガラスのビンで売られているの?とビックリするかもしれません。チューブに入っている方がスプーンを使ってすくわなくてもよいので、衛生面のことを考えたら、日本のチューブ型が良いと感じました。他に感動したのが…

 

Saran wrap is easy to cut and the wrap is more thick and easy to stick on any surface.

サランラップが簡単に切れて、プラスチックのラップが厚く、どんな面にも簡単にひっつく。

実は海外では、サランラップの性能があまり良くありません。そのためアメリカではジップロックなどを使って食品を保存している人が多いのです。海外のサランラップを使おうとすると刃が全く良くなくて、綺麗に切れないばかりか、はさみを使わないと切れません。そのため、海外に住んでいる日本人の方は、サランラップの刃を取り付けられるラップケースを買って使用している方が多いそうです。

 

またイメージ的には海外のサランラップは薄いプラスチックのシートです。そのためなかなかお皿にサランラップがくっつかなくて、あまりラップの機能を果たしていないような気がしました。そのためか、アメリカはジップロック(冷凍パック)が充実していました。

 

最後に感動したのが、

103280079_ca32126225_b

The soy sauce package that does not let it mix with air.

空気に触れない醤油のパッケージ。

 

これは普通のプラスチックのボトルに入っている醤油と比べると、全然味が違い、日本に帰ってきたときに感動したのを覚えています。鮮度を大切にする日本人のアイディアがこのような素晴らしい商品の開発に繋がったのでしょうね。

 

みなさんが日本で、また海外に行って感動したパッケージや食品パッケージはありますか?ぜひ教えて下さいね!

 

photo credit: I hate mayo via photopin (license)

photo credit: shoyu via photopin (license)

About mahoi

日本、アメリカのカリフォルニア州で育ったバイリンガル。英語で経営の勉強をしており、現在はスペイン留学してスペイン語習得に挑戦しています!おもしろい記事をシェアできたらいいなと思っています♪