Home / カルチャー / 海外の学校での服装規定!?何を着ていってはいけないの?

海外の学校での服装規定!?何を着ていってはいけないの?

みなさんこんにちは。みなさんは学校で制服についての校則はありましたか?スカートは膝下、爪はきってあるか、髪の毛が肩を触れていないかなど、細かいルールがあったと思います。アメリカのほとんどの学校は私服で登校するのですが、服装の規定があるのです。アメリカの学校では何を着て登校できるのかを紹介したいと思います。

15072194361_1736424eed_b

まず学校の服装の規定のことを

 

Dress code – ドレスコード、服装規定

といいます。日本語でドレスコードというと正式な場所で従うべき服装の規定ですよね。しかし、英語でDress codeといえば、学校に着ていく服装のことも指します。それでは、どんなルールが書いてあるのでしょうか?

 

They should wear things that cover their shoulders.

肩が隠されている服を着ないといけない。

 

男の子が夏にタンクトップを着て登校しても怒られることはあまりないのですが、女の子がキャミソールで登校したらドレスコードに違反していることになります。アメリカでは露出が多いイメージを持っている方がいると思いますが、その通りで、キャミソールは下着と言うよりはT-シャツと同じ感覚で普段から着るので、保護者の中では「なんで着たら行けないのか?」と反論する人もいます。また、中学生になるとダンスパーティーも多くなります。そうするとストラップレスで肩を完全に露出するドレスを着たがるのですが、やはりそれも校則違反なので、ストラップがついているものでないといけません。

 

Skirts and shorts should not be shorter than arm’s length.

スカートと短パンは腕を下ろしたときに指より短いものは掃いてはいけない。

 10745091216_1609fb5e51_b

これは女の子に適用している場合が多いのです。特に中学校から高校までは 学校から一番注意されるルールです。理由は「男の子の気をそらすような格好」だからと規定に書いている学校がとても多いのです。私の中学校にもそう書いてありました。しかしアメリカではLGBTの学生も少なくないため、保護者はそういう子達のファションスタイルを考慮したルールに改善して欲しいと言う声もあります。

 

Also some schools have rules on coloring hair.

また、いくつかの学校では髪の毛を染めてはいけないルールもある。

 

この規定は日本の学校に比べたら緩い方です。アメリカは違う人種の子供が多いので、金、赤、茶色、黒に染めたりすることは何の問題も無いのですが、黄色や青など奇抜な色に染めると先生に呼び出されることがあります。

 

日本と違い私服で登校するため、いくつかのDress codeがありますが、日本とは比べものにならないくらい緩い規定です。またアメリカの個人の性格を大切にするという文化も尊重されているのでしょう。
photo credit: Girl reading a book via photopin (license)

photo credit: 2013 09 26 COE orientation 597 via photopin (license

About mahoi

日本、アメリカのカリフォルニア州で育ったバイリンガル。英語で経営の勉強をしており、現在はスペイン留学してスペイン語習得に挑戦しています!おもしろい記事をシェアできたらいいなと思っています♪