Home / カルチャー / ラテンアメリカの人は意外と日本人と似ている?

ラテンアメリカの人は意外と日本人と似ている?

みなさん、こんにちは。ラテンアメリカの人と聞くとブラジル人、メキシコ人を想像されると思いますが、彼らに対してどのようなイメージを持っていますか?サンバを踊ったり、陽気だったり、情熱的だったり…と答える方が多いと思います。しかし多くのラテンアメリカの人と関わるにつれて、もしかしたらアメリカ人と比べたら、日本人と似ているところが多いかも!という発見が多かったのです!それではどのような点が似ているのでしょうか?英語のフレーズと一緒に見て行きましょう!

 

まずラテンアメリカの人が日本人と似ていると感じたこと、それが…

 

26896211050_c9b789ec66_b

They show respect to the elderlies and the people that they do not know.

目上の方や、知らない人には敬意を表す。

というのは、ラテンアメリカのスペイン語圏には尊敬語があり、スペインよりも遥かに使い分けるのです。スペインのスペイン語は相手の人はYou、あなたと言います。その人の年や立場を気にせずに、あなたはあなたと考えるので敬語などありません。英語でもそうですよね。敬語が日本語ほど無いので、どうしてもダイレクトに聞こえてしまいます。しかし知らない人や目上の人に「あなた」と言うのは日本ではありませんよね。ラテンアメリカの人も敬意を払う人が多いので、敬語を使い分けて相手と接するのです。

27828714052_94fb87b78a_b

次にビックリしたのが…

 

They worry about people, like many Japanese people.

多くの日本人の様に人を気遣う。

 

特にアメリカ人の考え方ですが、もし自分が不快に思っていたり、あることを感じたら、自分から言葉にして相手に伝えるのが当たり前です。気分が悪いのにその場の空気を読んでなかなか言えなくて、病院に行ってしまったというケースだと、気分が悪かった人の周りにいた多くの人が「なんで気分が悪かったのを伝えてくれなかったのか?」と責めてきます。しかし日本人やラテンアメリカの人は、様子を伺ってくれたり、気を遣ってくれる場合が多いので、同じシチュエーションでも「気付いてあげられなくて申し訳ない」と言ってくれる人が多いと思います。すべての人がそうだとはいわないのですが、やはり文化的な背景がこれら考え方の違いを生むのだなと感じました。

 

今回の【ラテンアメリカの人は意外と日本人と似ている?】はいかがでしたか?違う部分があっても、どこか雰囲気が似ているラテンアメリカの人達。みなさんもラテンアメリカの人と関わる機会があったら、似ている部分を探してみてはいかがでしょうか?

 

photo credit: Latinos via photopin (license)

photo credit: Amigos da Escola_21.05.2016_SC_4443 via photopin (license)

About mahoi

日本、アメリカのカリフォルニア州で育ったバイリンガル。英語で経営の勉強をしており、現在はスペイン留学してスペイン語習得に挑戦しています!おもしろい記事をシェアできたらいいなと思っています♪