Home / 海外生活 / 「海外にこれを持って行けばよかった!」と後悔したこととは?

「海外にこれを持って行けばよかった!」と後悔したこととは?

みなさんこんにちは。海外出張や転勤になると日本から何を持って行こう?というふうに悩みますよね。私も9ヶ月留学をした際にとても悩み、実際に海外に住んでいる友達にアドバイスを聞いて日本から持って行ったものもあります。しかし実際に現地で暮らしてみて、これあったらよかったな!と感じた日本のアイテムを今日は紹介します!

use_20_unexpected_uses_fabric_refresher_001

アイテム#1

Spray that eliminates odor or smoke of tabaco from your clothes.

服からにおいやたばこの煙などを消してくれるスプレー。

 

よくあるのが「ファブリーズ」や「リセッシュ」です。以前海外に住んでいたときはファブリーズのブランドがあったので、服の消臭スプレーが住んでいたスペインにもあると思い込んでいました。しかしどのスーパーやドラッグストアを回っても見当たりませんでした。このような商品はないのに、お家の芳香剤がやけに多くあるなと感じました(笑)。そのため滞在中に親からファブリーズを送ってもらい、他の日本人の友達も送ってもらったと言っていました。また、

 

In many European countries a lot of people smoke on the streets so it is very likely that you get that smell on your clothes.

多くのヨーロッパの国々ではたくさんの人が道でたばこを吸っているのでにおいが服についてしまう。

びっくりしたのが日本より遥かに多くの人がたばこを吸っているということと、マナーがきちんとしていないので人混みの中でもたばこを吸っている人も多くいました。そのためどうしてもたばこから逃れられなく、ファブリーズがないときは辛い思いをしました。

images

次のアイテムは女性に向けてです。

 

アイテム#2

Sanitary napkins in a lot of different sizes.

違うサイズの生理用ナプキン。

 

なぜこれがなくて困ったかというと、海外は圧倒的にタンポンユーザーが多いのです。日本に住んでいる外国人の友達と話しても、日本の薬局は生理用のナプキンの種類が豊富だと言っていました。実際に海外に暮らしてみて、ナプキンの種類が少ないのと、日本製に比べ海外の方が少し使い心地が悪かったのを覚えています。とても不便に感じたので女性の方は日本から生理用ナプキンを持って行くのをオススメします。

 

アイテム#3

Clothes hanger with many clips

たくさん洗濯ばさみがついたハンガー

 

これは過去の記事にも書いたのですが、洗濯ばさみがついているハンガーが基本的にアメリカやヨーロッパにないので、沢山洗濯物を干したいときは救世主なのです。

 

みなさんも海外に旅行や出張や留学で行くさえは今回のオススメアイテムを参考にして持って行ってくださいね!

 

febreze.com

www.shescribes.com

About mahoi

日本、アメリカのカリフォルニア州で育ったバイリンガル。英語で経営の勉強をしており、現在はスペイン留学してスペイン語習得に挑戦しています!おもしろい記事をシェアできたらいいなと思っています♪