Home / 海外生活 / 海外の電車ではカラオケしても踊っても怒られない?!

海外の電車ではカラオケしても踊っても怒られない?!

みなさんこんにちは。今日は海外の電車事情についてお話をしたいと思います。日本でしたら時間通り、頻繁に電車が来ますよね。また音漏れだったり、席を2つ以上使って座るのもマナー違反ですよね。今日は私がスペインで電車に乗ったときに驚いたことをみなさんにシェアしたいと思います。

Unknown

最初のタイトルにも書いているように、こんな光景にビックリしました!

 

There were some people singing in the train.

電車の中で歌を歌っている人がいた。

 

多くの人は歌っていると聞いたら、口ずさんでいるのかな?と考えると思うのですが、遥かに想像を超えています。カラオケ用のマイクを持ってきて、そのうえ大音量が出るようマイクをスピーカーに繋ぎます。そのため、知らない人が熱心にカラオケで歌っているのを電車の中で聴いている感じなのです。歌だけではなくギターやフルート、アコーディオンなどの楽器も持ってくる人もいるのです。私はかなり迷惑じゃないの?とビックリしたのですが、周りの乗客は…

 

They were sitting like nothing is happening and some people were listening well to the songs.

何人かは何も起こってないように振るまい、何人かは歌に聴き入っていた。

 

とても反応が違っていて驚いたのですが、無視している人達はいつものことという態度で電車の中で座っています。きちんと歌を聴いている人達の中には、歌の終わりにチップを渡している人もいます。多くの人に自分の歌を聴いて欲しいと思うので電車の中で歌うのですね。歌い終わったら、他の車両に行ってまた歌い始めるか、近くの駅で降りて次の電車で歌っているようです。

Unknown-1

Also some people are dancing in the train but they don’t get penalized by the station staff.

また何人かは電車で踊ったりするのですが、駅員さんに罰されない。

日本だと歌ったり踊ったりしてお金をもらう行為は、他の乗客に対する妨害行為とみなされますが、スペインの駅員さんは何もしません。もしかしたら電車は公共の場で、表現の自由があると見なしている人も多いからなのでしょうね。

 

あと悲しいのですが驚いたことには、

 

There are homeless people that asks for help.

ホームレスの人もいて助けを求めてくる。

助けと言ってもお金なのですが、さまざまな人がいます。家族がいるのに無職になってしまっている人や、子供が病気で医療費が払えなかったり、身体に障害があるため働けなかったり、私はスペイン滞在中に多くのホームレスの人を見てきました。こう考えてみると日本に生まれて暮らせていることがとても幸せなことなのだと、今は特に感謝しながら暮らしています。なので、日本は特別に安心で発展している国なのだと海外に行ったときは感じることができると思います。

 

www.alamy.com

About mahoi

日本、アメリカのカリフォルニア州で育ったバイリンガル。英語で経営の勉強をしており、現在はスペイン留学してスペイン語習得に挑戦しています!おもしろい記事をシェアできたらいいなと思っています♪