Home / カルチャー / 感じ方が全然違う!日本人には怖く聞こえてしまう英語表現

感じ方が全然違う!日本人には怖く聞こえてしまう英語表現

large_92038203前回、「アメリカで困った顔をしていたら“怒ってるの?”と言われた話」で、

日本人の私がアメリカに留学したときに困ったり悩んだりしていたら、その様子を見た周りのアメリカ人がから「何怒ってるの?顔が怖いわよ」と言われた話をお話しましたが、

今回はその逆で、「アメリカ人にとっては何でもない一言が日本人の私には怖く聞こえ、相手が怒っているかと思った」というお話を紹介します。

 

私が怖いと感じた一言

origin_2761586858

私が怖いと感じた一言、それは「何?」です。

日本の英語教育では相手に「何?」と聞き返すときは“Pardon?”と言う、と教わりましたよね。しかしアメリカでは「何?」と聞き返すときには多くの場面で“Ha?”“Hah?”と言います。日本語で「はー?」って感じです。この、“Ha?”“Hah?”がとても怖かったのです。

何が怖いの?と思いますよね、それは、私がアメリカの北の週に住んでいた時の話です。

留学したての私は、カナダに近い、アメリカの北部の州に住んでいました。その州では方言もあまりなく、私にとってはとても聞き取りやすい英語でしたが、私の英語を相手が聞き取れないことはしばしばありました。そんなときには“Ha?”(何?)(もう一回言って。)と聞き返されるのですが、その“Ha?”がとても怖かったのです。

アメリカで、“Ha?”“Hah?”を使うのは主に相手に聞き返すときなのですが、日本語の「は?」「はぁ?」って、ちょっと怒り気味で怒りがこもった言い方や、相手に喧嘩を売る時に言う言い方のイメージがあって、アメリカ人の聞き返すときの“Ha?”“Hah?”と、日本人が相手に喧嘩を売る時の「は?」「はぁ?」のイントネーションが一緒なので、私は怖く感じてしまったのです。

(ちなみにアメリカ人が相手に喧嘩を売る時に使う、日本でいう「はぁ?」に代わる言い方は”What?”が多いですね。)

そしてアメリカ人が“Ha?”“Hah?”と発音するときはやや眉間にしわを寄せる(おでこにしわを寄せる)のでそれが余計、「あれ?怒ってるの?私何か悪いこといったかな?」と私が感じてしまった原因でもあります。

しかし、暮らしていくうちに相手が怒っているわけではなくただ「もう一回言って。」と聞き返しているだけだと分かり、慣れるまではちょっと時間がかかりましたが、慣れることができました。

 

北と南では言い方が違う!

large_245089912

そしてその“Ha?”“Hah?”にやっと慣れてきたころ私はアメリカの南の州に移動し、次はその南の州に住んだのですが、そこでまた驚くことがありました。カナダにほど近いアメリカ北部の州から、今度はメキシコにほど近い南部の州に来た私。そして南部の州で聞いた“Ha?”“Hah?”は、北部で聞いたのとは全く違うものだったのです。

北部の人たちの“Ha?”“Hah?”の言い方は、とても温かく聞こえるのです。日本語でいうと、とぼけて言う「はー?」のような感じ。

北部の人たちの言い方は“Ha?”(→↗?)と語尾が上がる強い言い方なのですが南部の人たちの言い方は“Ha-?”(→→?)と優しく聞く感じで、全く怖く感じませんでした。

北と南ではこんなに違うのか、と驚いたのを覚えています。

方言ももちろんですが、同じ言葉のイントネーションも全く違うのです。でもよく考えてみると、アメリカに比べたらこんなに小さな日本でも、北と南では方言も同じ言葉のイントネーションも違います。それよりはるかに大きなアメリカですから、私が戸惑うほど大きな違いを感じたのも、そりゃそうだよな、と思いました。

 

おまけ・アメリカ人は“Pardon?”は使わない!?

large_4960579336

おまけ話です。私がアメリカにいたとき、“Pardon?”を使っていたのはホストファミリーのパパだけでした。パパは、カナダ人で、母国語はフランス語。英語はアメリカ人のママと知り合い結婚する中で覚えていったという人です。パパ以外のアメリカ人は、“Pardon?”は使いませんでした。では聞き返すときは何て言うの?と思いますよね。私がいたところでよく使われていたのは、

“Ha?”

“Hah?”

に加えて、

“What?”

“Sorry?”

“I can’t hear you”

“Say again”

“Come again”

等が多かったです。

“What?”は、「なぁに?」“Sorry?”は、「ごめん、何?」“I can’t hear you”は、「聞こえないわ。」“Say again”は、「も一回言って」“Come again”は、「もう一回。」などのように、様々なシーンでこのような言い方で聞き返されていました。

友達や家族など親しい人たちの間ではほとんど“Ha?”“Hah?”でしたが、学校の先生などは“Say again”とよく言っていました。教会などかっちりした場所での大人の会話では“Sorry?”がよく使われていました。

いかがでしたでしょうか?初めてアメリカに行くときなど、“Ha?”“Hah?”と聞き返されてちょっと怖く感じてしまうことがあるかもしれませんが、相手はまったくそんな思いはなく、普通に「なぁに?」「もう一回言って?」と聞いているだけなので、怖がらないでくださいね。

以上、私のアメリカでの体験談でした。

 

About Fun Learning

ファンラーニングは英語学習法、TOEIC勉強法、役立つ英語表現や学習を継続するためのモチベーション、海外のカルチャーや生活など、英語を学ぶ方に役立つ情報をお届けしています。