Home / モチベーション / 海外でもしテロに遭遇したら?!空港で命を守る方法とは?

海外でもしテロに遭遇したら?!空港で命を守る方法とは?

みなさんこんにちは。最近特にヨーロッパでテロが多いのですが、もしその現場に遭遇してしまったらどう対応しますか?私は旅行に行ったときに居合わせたことがありますし、私の親も海外出張に行ったときに経験したようです。無事に帰ってくることはできたのですが、海外どこに行くにしてもテロには遭いたくないと思っていても、そうなってしまうことはあるようです。そこで今日はもしみなさんが海外でテロにあったとき、どのように自分の命を守ればよいか、お伝えしたいと思います。

terrorism-2

 

私は3月ちょうどベルギーのブリュッセルにいました。ブリュッセルの地下鉄と空港でテロが起こったのですが、テロは人が多く集まるところを狙うのが分かります。なので、

 

It is very important to not go to the airport, the station, nor the shopping mall when there is a warning from the government.

政府から勧告が出ている場合は空港、駅、商店街に行かないのがとても大切である。

テロは事前に防ぐことが難しいのですが、特にヨーロッパでは国が繋がっているためテロリストが他の国に逃げてしまい、違う国でまたテロを起こしてしまうことがあります。そのため近隣国に滞在しているときは、人が多い場所は避けた方が良いと言われています。人が多く集まる都市、広場、公共施設はとても危険と言われています。幸い私はバスで行動していたので、隣国オランダに逃げることができました。しかし、テロが起こった後は

 

The country that was affected by terrorism will shuts down the border so the border control will be very strict. This makes you difficult to get out from the country.

テロで被害を受けた国は国境を閉鎖するので、国境の安全取り締まりが厳しくなる。これが出国するのを難しくさせる。

images

私が飛行機や電車ではなく、バスを利用していたので、その日の内にベルギーから出国することができたのですが、バスにも警備員が乗り込んできて乗客一人一人の証明書を確認していました。ユーロ圏だと旅行客でもパスポートを持たずに移動ができるのですが、そのときは身分証明書(ビザ)を持っていたので通してもらえました。このような予期していないシチュエーションに遭遇する可能性もあるので、パスポートはいつも持っていないといけないと身をもって感じました。

 

 

また最近トルコの空港で父親がテロに遭遇したのですが、最も大切なことは

 

Always follow the instructions of the security guard.

警備員の指示にいつも従おう。

私の父親は警備員に誘導され空港の外まで逃げることができました。テロリストには目立つ行動、発言をしないよう、安全を確保するのがとても大事です。みなさんも海外でもしテロに遭遇したらまず落ち着いて、警備員の指示に従って安全に逃げてくださいね。

 

 

www.theimaginativeconservative.org

www.uhrfinternational.org

About mahoi

日本、アメリカのカリフォルニア州で育ったバイリンガル。英語で経営の勉強をしており、現在はスペイン留学してスペイン語習得に挑戦しています!おもしろい記事をシェアできたらいいなと思っています♪