Home / 表現集 / 使ったらネイティブに日本人ということがばれる!?そのフレーズとは?!

使ったらネイティブに日本人ということがばれる!?そのフレーズとは?!

みなさんこんにちは。英語を学んでいる皆さんがネイティブの人と会話している時に、「もし自分が間違ったことを言っていたらどうしよう」と感じて、話すのをためらってしまうことはありませんか?一番大切なことは、勇気を持って間違っていてもコミュニケーションを図ろうという意志です。でも日本人が正しいと思って使っているフレーズのなかには、ネイティブが聞くと「ん?」と思ってしまうものも少なくありません。そこで今日は、みなさんにネイティブから「この人と会話がしやすい!」と思われるためのフレーズをお伝えしたいと思います!

29327991790_8419b316c7_b

日本には多くの和製英語があり、日本で普通に会話に使われている言葉が、実は海外ではちょっとニュアンスが異なっていたり、全然違う意味になるものもあります。最初によく日本人が使う単語を紹介したいと思います。

 

You are cool. – ×あなたはかっこいい。

          ○あなたは落ち着いている

日本でクールと言ったら「かっこいい」という意味に訳せますが、それを英語に訳してCoolと会話の中で使うと実は「冷静である、いけてる」という意味になります。そのため、外国の方はそこで少し戸惑ってしまうみたいです。もし、相手がかっこいいと英語で言いたい場合は、

 

You are handsome.- あなたはかっこいい。

 

と言うのが一番相手に伝わりやすいです。また、

 

You are smart. – ×あなたはスマート(スタイルが良い)。

              ○あなたは頭が良い。

26689360753_00e2fcbee8_b

これも日本人によくあるミスなのですが、「あの人スマートだよね」と会話で使うと、スタイルやルックスのいい人のことを指しますよね。しかしスマートをSmartにして英文で使ってしまうと「あの人頭良いよね」という意味に変わってしまいます。もし、ある人のスタイルが良いと言いたいときは、

 

She has great figure. – 彼女はスマート(スタイルが良い)。

She is slim.  – 彼女は痩せている(スタイルが良い)。

Figureと言うのは英語で「体型」の事を指すので、Great figureと言うことで「とても良い体型」=「スマート」という意味になるのです。

 

それでは最後にファッションに関連した単語です。

 

My favorite style is ‘consaba’ (conservative)  – ×好きなスタイルははコンサバです。

                         ○保守的な格好が好きです。

シンプルだけどおしゃれなのが日本の「コンサバ」スタイルですが、コンサバの元々の単語がConservative、「保守的」という意味なので、上のような文章を言ってしまうと「この人は肌を見せないような保守的な格好が好きなのか」と誤解を与えてしまいます。

 

My favorite style is simple but fashionable. – 私の好きな(服は)シンプルだけどおしゃれなスタイルです。

 

今回紹介した単語は、日本語で日頃から使っているので、英会話でも同じ意味だと思って話してしまうことがあります。しかし少し文章の意味が変わってしまうことを覚えておいて下さいね。

 

photo credit: CL Society 614 via photopin (license)

photo credit: University Life 272 via photopin (license)

 

 

About mahoi

日本、アメリカのカリフォルニア州で育ったバイリンガル。英語で経営の勉強をしており、現在はスペイン留学してスペイン語習得に挑戦しています!おもしろい記事をシェアできたらいいなと思っています♪