Home / 英語学習法 / 発音上達の近道はフォニックスの習得から その7 ~母音もチームになるのが好き!~

発音上達の近道はフォニックスの習得から その7 ~母音もチームになるのが好き!~

3153059764_dc37c50bd5_b scrabble letter vowels

過去の記事(その5とその6)では、子音チームに注目して、フォニックスの解説を進めていきました。

今回は、母音チームにフォーカスしたいと思います。

因みに、母音チームは、母音同士が組み合わさってできるフォニックスのことですが、母音と「w」や「y」と組み合わせも母音チームとしているフォニックス本が多いようです。

例えば、aw, ew, ow, ay, ey, oy など。

母音チームもたくさんありますが、今回は、日本人が苦手とする母音チームフォニックスを中心に解説をしていきます。

 

最近注目の「ローフードダイエット」通じる発音は?

 

最近、日本でも注目を集めてきているローフードダイエット。加工したり、調理したりせず、なるべく生食するダイエット方法ですね。

英語では、「raw food diet」と書きます。

カタカナ英語に慣れている日本人にとってこの英単語の発音は難しく、ネイティブには通じにくいと思います。

問題の単語は、「raw」です。

この単語は、フォニックスをしっかり習得しないと発音できないのです。

なぜならば、この音は、「r」の音が難しいのもありますが、日本語にはない母音チームの音があるからです。

それでは、詳しく見ていきましょう。

 

IMG_20161015_Snake in the Lawn

 

日本語の音にない母音チーム「aw」「au」の発音

 

まず、*「aw」「au」の音をPhonogram Soundsアプリ(その4で紹介)の “Multi-Letter”で確認して下さい。

お気づきですか?この母音チームは、どちらも同じ音です。でも、日本語にはない音です。

という訳で、この母音チームが入った英単語は、日本人が苦手な発音になります。

この音を出す時のコツは、お医者さんにいって喉の奥を見てもらう時に口を奥のほうまでしっかりあけますね。そして、「ア~」とも「オー」とも言えない音を発します。まさしくその音です。

あいまいな「ア~(オー)」で、下あごをしっかり下げて喉の奥の方で音を出します。

 

補足説明:「aw」と「au」をクリックすると発音の後に以下のような、英文が聞こえてきます。

*「aw」that we may use at the end of English words.

「au」that we may not use at the end of English words.

 

これは、簡単に言いますと、「au」は、英単語の中で使われるときに語尾に来ることはないが、「aw」は、語尾にくることもできるということです。

例えば、

「au」:cause(原因), caught(catchの過去), pause (一時停止),  author(著者)—語尾にこない。

「aw」:saw(のこぎり), jaw(あご), lawn(芝生), law(法律) —語尾にくることもできる。

 

28084872684_2e20404bdb_b opening mouth

「aw」と「au」の単語例

 

音声ファイルで発音を確認しながら、声に出して読んでみましょう。

「aw」:raw, jaw, saw, claw, yawn, lawn, straw, strawberry

「au」:sauce, fault, cause, pause, taught, gauze, Paul, Laura

 

チャレンジリーディング!

 

下の英文には、「au」と「aw」の母音チームをもつ英単語が含まれています。太文字の母音チームに気を付けながら、ゆっくり読んでみましょう。全体の意味は、絵をみるとわかり易いと思います。

Laura is reading a book called “All About Business Law” while sitting on the lawn in her backyard.

Her dog Paul wants some attention from her, so he grabs his ball and puts his paw on her book.

Feeling a little bit tired from all her reading, Laura yawns and decides to take Paul for a walk.

 

Laura and Paul

 

いかがでしたか? 「au」「aw」の音に気を付けながら読めましたか?

特に人名の「Laura」と「Paul」は、日本語では、「ローラ」「ポール」と表記するのでこのカタカナ英語に慣れていると発音が難しいと思います。

下の音声ファイルを聞いて、「au」「aw」の母音チームの単語の発音をしっかり練習しましょう。

単語例: Lura,  Law,  lawn,  Paul,  paw,  yawn

 

「au」「aw」の音を持つ単語?英文の中にまだある?

 

実は、上の文章の中には母音チームではないのですが、「au」と「aw」と同じ音をもつ単語が4つあります。

さてどの単語でしょうか?

call, all, ball, walk

ですね。

Phonogram Soundsアプリの “Alphabet”の画面を表示させ、「a」をクリックして下さい。

3番目に聞こえる音が、実は、「au」「aw」の母音チームの音と同じなのです。

ということは、第3音の「a」=「au」=「aw」になるということですね。

さらに言うと、「a」が第3の「a」の音の発音になるときは、サイレント「l」が後ろにくっついているというのにもお気づきですか?

単語例:talk, chalk, stalk

 

それでは、先ほどのローラとポールの英文を太文字の部分に気を付けながら、もう1度読んでみましょう。

 

Laura is reading a book called “All About Business Law” while sitting on the lawn in her backyard.

Her dog Paul wants some attention from her, so he grabs his ball and puts his paw on her book.

Feeling a little bit tired from all her reading, Laura yawns and decides to take Paul for a walk.

英文すべては、下の音声ファイルで聴けます。

 

いかがでしたか?

今回は日本語にない音の母音チームの「au」と「aw」の解説をしました。

鏡を見ながら何度も練習して口の周りの筋肉を鍛えましょう。初めは大げさに口を開けて練習するのがコツです。頭で考えるよりも体で覚えた方が、きれいな発音ができるようになります。

次回は、引き続き母音チームの紹介をしますが、カタカナ英語「ロー」が引き起こす母音チームの発音ミスに焦点をあててみたいと思います。

 

お楽しみに!

 

「Letter Sounds A to Z」アプリ

アップル版

アンドロイド版

 

「Phonogram Sounds」アプリ

アップル版

アンドロイド版

 

発音上達の近道はフォニックスの習得から! 過去の記事はこちらからどうぞ。

発音上達の近道はフォニックスの習得から! その1 ~日本語と英語の「音」の違い~

発音上達の近道はフォニックスの習得から! その2 ~フォニックス:アルファベットの「音」~

発音上達の近道はフォニックスの習得から! その3 ~フォニックス絵本を使って~

発音上達の近道はフォニックスの習得から! その4 ~まだまだある母音の発音~

発音上達の近道はフォニックスの習得から! その5 ~子音はチームになるのが好き~

発音上達の近道はフォニックスの習得から! その6 ~まだまだある子音チーム!~

 

 

photo credit: jannalauren Suckiest Scrabble Letters Ever via photopin (license)

photo credit: 10b travelling London street art via photopin (license)

About Tamao

日本で5年、アメリカで4年の教員経験を持つ。現在は、アメリカ人の夫、2人の子供、愛犬とオレゴン州、ポートランド市に在住。日ごろは、NPOである、JASO (Japan-America Society of Oregon) の運営するプログラム、Japan on the Road のメンバーとして、現地の小学校を訪問しアメリカ人の子供たちに、日本文化を教えるボランティア活動をしている。