Home / 英語学習法 / 発音上達の近道はフォニックスの習得から! その8 ~カタカナ英語「ロー」の落とし穴!~

発音上達の近道はフォニックスの習得から! その8 ~カタカナ英語「ロー」の落とし穴!~

 

22638457711_6af0c30e59_b sashimi

 

前回の記事では、数あるフォニックスルールの中でも母音チーム「au」「aw」の解説をしました。

これら母音チームの発音は、日本語の発音には無い音でした。下あごをしっかり下げて喉の奥から発音しなければならない音でしたね。

 

それでは、復習です。

下の日本食の「さしみ」について述べている英文を「au」「aw」の音に気を付けながら声に出して読んでみましょう。録音アプリなどを使い自分の発音を聞いてみるのもよいと思います。

“Sashimi” is the Japanese word for “raw fish”.

We eat sashimi with soy sauce and a little bit of wasabi.

下の音声ファイルで確認しましょう。

 

さて、今回はまだまだある母音チームの中から特に、カタカナ英語が引き起こす発音ミスに焦点を当てながら、2つの母音チーム「ow」と「oa」の解説をしていきたいと思います。

 

カタカナ英語「ロー」

まずは、下の英単語を発音してみましょう。

law(法律)

low (低い)

raw(生の)

row(《ボートなどを》こぐ、列)

お気づきだと思いますが、上の英単語はカタカナ英語ではすべて「ロー」と書きます。

しかし、英語の発音は、4つとも全部違います。

これは、カタカナ英語が日本人の英語の発音を悪くしている1つの例ですね。

まず、音声ファイルで4つの「ロー」の正しい発音を確認しましょう。

 

law, low, raw, row のうち「law 」と「raw」は、前回の記事(その7)で母音チーム「aw」として説明しました。

なので、ここでは、「low」と「row」についてみていきましょう。

 

28801635000_646c52783d_b ow

 

母音チーム「ow」

lowとrowの共通の母音チームは、「ow」ですね。

まずは、*Phonogram SoundsアプリのMulti-Letter画面で母音チームの「ow」をクリックしてみましょう。2つの音が聞こえてきます。

(*Phonogram Soundsアプリは、過去の記事、その4で紹介してます。)

今回、注目したいのは、2番目に聞こえてくる音です。(1番目に聞こえてくる音については、次回の記事で説明する予定です。)

あえてカタカナで書けば、「オゥ」と聞こえてきますね。

気づいた方もいるかと思いますが、long vowelの「o」と同じ発音です。

つまり、「ow」=long「o」ということです。

更に付け加えると、long vowelの音は、アルファベットの A, E, I, O, U の名前が発音になるのでしたね。

詳しくは、その4の記事で説明してます。

 

それでは、母音チーム「ow」をもつ下の単語例を音声ファイルも聴きながら練習しましょう。

owe, blow, flow, glow, grow, show, snow, elbow, window, yellow, bowl, growth

 

30023388800_3a62550c8d_b home loan

 

母音チーム「oa」

次に母音チーム「oa」です。

まず、Phonogram Soundsアプリで「oa」の音を確認しましょう。

やはり「オゥ」の発音です。

ということは、「oa」=「ow」=long「o」となりますね。

 

因みに発音の後に聞こえてくる

「oa, 2- letter-oa that we may not use at the end of English words.」の意味は、

「oa」は、2文字表記の「オゥ」の音で、しかも単語の語尾にくることはない。ということです。例えば、最初に解説した「ow」は、単語例:blow, grow, showのように「ow」が語尾にきているが、「oa」は、語尾に来ることはない。という意味です。

さて、母音チーム「oa」を含む英単語もカタカナ英語として日本語脳に浸透しているので、発音ミスが多いのです。

例えば、次のような日本語です。

「ローン」「ロード」「トースト」「コート」「コーチ」

上のカタカナ英語を英文字で表記すると、

「ローン」=「loan」(借金)

「ロード」=「road」

「トースト」=「toast」

「コート」=「coat」

「コーチ」=「coach」

太文字の部分が母音チーム「oa」ですね。

 

それでは、母音チーム「oa」の音を意識しながら、

loan, road, toast, coat, coach の発音を練習してみましょう。下の音声ファイルで確認も忘れずに。

 

フォニックスを意識しながら読むと日本語になっている英語も、すっかりきれいな英語の発音に変わるのにお気づきですか?

 

母音チームのフォニックスの音を意識するだけでなく、過去の記事で解説した子音の音にも意識を向けて丁寧に発音してみましょう。少々、大げさなくらいがちょうどよいです。

例えば、上の単語例(loan, road, toast, coat, coach)には、「l」、「r」、「d」、「t」、「c」、「st」、「ch」の子音も含まれてます。これらの音を覚えてますか?

「coat」で練習する場合、

「coat」を c-oa-t、coa-t、coat

と言う具合にフォニックスを意識しながら、つまり、アルファベット(または、その組み合わせでできる音)を意識しながら、区切って発音します。そして、徐々につなげていきます。

過去の記事、その3でフォニックス絵本を使って単語を練習した時のようにです。そうすると、「coat」の発音練習は、下のようになります。音声ファイルを聴いてみましょう。

 

8633561913_5438d160a5_b globe boat hole

 

まとめ

「A home owner has a home loan.」

上の英文は、今回の記事で説明したフォニックスルールが、すべて含まれています。下1~4のフォニックスルールに気を付けて読んでみましょう。

1.サイレント「E」が、語尾にあると母音の音が、short vowel からlong vowelに変化する。(その4の記事で説明)

(例:「home」: サイレント「E」が語尾にあるので「o」の音が、long vowel soundになる)

2.母音チーム「ow」

3.母音チーム「oa」

4.「ow」=「oa」=long「o」

下の音声ファイルを聞いて自分の発音と比べてみましょう。

最後に母音チームのフォニックスを学ぶにあたっての注意!

発音上達の為にフォニックスの習得をお勧めして、過去の記事では、いろいろなフォニックスのルールを解説してきました。前回の記事から母音チームの音にフォーカスしてますが、ローマ字で表記した時の日本語の音

a(ア)、 i(イ)、 u(ウ)、 e(エ)、 o(オ)

は、くれぐれも頭から切り離しましょう。英語脳のスイッチが入りにくくなります。

例えば、ローマ字読みを切り離していないと、

母音チーム「oa」の発音が、「オア」、「au」の発音が「アウ」となり、フォニックスのルールと混乱してしまうということです。

 

いかがでしたか?

今回は、まだまだある母音チームの中から特にカタカナ英語による弊害で間違った発音になりやすい母音チームの解説をしました。

次回のフォニックスは、

母音チーム「ow」(「ow」には2つの音があるので、そのもう1の音)と

母音チーム「ou」の解説をする予定です。お楽しみに!

 

「Letter Sounds A to Z」アプリ

アップル版

アンドロイド版

 

「Phonogram Sounds」アプリ

アップル版

アンドロイド版

 

発音上達の近道はフォニックスの習得から! 過去の記事はこちらからどうぞ。

発音上達の近道はフォニックスの習得から! その1 ~日本語と英語の「音」の違い~

発音上達の近道はフォニックスの習得から! その2 ~フォニックス:アルファベットの「音」~

発音上達の近道はフォニックスの習得から! その3 ~フォニックス絵本を使って~

発音上達の近道はフォニックスの習得から! その4 ~まだまだある母音の発音~

発音上達の近道はフォニックスの習得から! その5 ~子音はチームになるのが好き~

発音上達の近道はフォニックスの習得から! その6 ~まだまだある子音チーム!~

発音上達の近道はフォニックスの習得から! その7 ~母音もチームのなるのが好き~

 

photo credit: sstrieu IMG_9115 via photopin (license)

photo credit: CarbonNYC [in SF!] via photopin (license)

photo credit: Got Credit Home Loan via photopin (license)

photo credit: eltpics Long vowel ‘O” via photopin (license)

About Tamao

日本で5年、アメリカで4年の教員経験を持つ。現在は、アメリカ人の夫、2人の子供、愛犬とオレゴン州、ポートランド市に在住。日ごろは、NPOである、JASO (Japan-America Society of Oregon) の運営するプログラム、Japan on the Road のメンバーとして、現地の小学校を訪問しアメリカ人の子供たちに、日本文化を教えるボランティア活動をしている。