Home / 英語学習法 / 英語のミーティングで、頭が良さそうに見せるには?!

英語のミーティングで、頭が良さそうに見せるには?!

みなさんこんにちは。実はアメリカでいまとても話題を呼んでいる本があるのです!タイトルは ”100 Tricks to Appear Smart in Meetings”、日本語では「ミーティングで頭が良さそうに見せる100のごまかし方」という題名です。この題名から分かるように、これは真剣ではなく、おもしろ半分で読む本なのです。しかしNew York Timesでもベストセラーに認定されるほど沢山の人が読んでいるのですが、何がそんなに良いのでしょうか?そこで今日は本の中に書いてある、面白いけど結構使えるコツをみなさんと一緒に見ていきたいと思います。

1*yHD-QW2Nk-TdL0p6IRbjhA

Tip #1: Draw a Venn Diagram

コツ1: ベン図を描く

1*R8W1lHlsRDfmWRi8yHwLnQ

このコツはもしミーティングの中で意見がまとまらなくなってきた時に使えるみたいです。下の写真の様に右には私達が分からないこと、左には私達がもう分かっていることを書き出し、真ん中に私達が理想と現実を埋めるために行わないといけないことが書き出せます。そうするといままでまとまらなかったことが図で分かりやすく見えるので、「頭がよく見える」そうです。

 

Tip #2: Rephrase percentages into factions

コツ2: パーセントを分数に言い直す。

そのため、ミーティングである人が「25%の人が○○していると言う結果が出た。」という風に言ったら、付け足しに

 

So, 1 in 4 people are doing that.

だから、4人に1人がそれをやっているんだね。

 

と言うと分かりやすく聞こえるそうです。しかしこればかりやり過ぎるとミーティングを行っているメンバーから嫌がられるような気もしなくはないですが…。

 

Tip#3: Nod continuously while taking notes.

コツ3:メモを取りながら継続的にうなずこう。

もしパソコンのデータがなくなってしまったときに頼れるのは私達の手書きのメモですよね。またメモを取ることによって相手に真剣に聞いていると言う雰囲気を送ることもできますし、またこれを行いながらうなずくと相手の人にも安心感を与えます。

 

Tip #4: Ask the presenter to go back a slide.

コツ4: 発表者に前のスライドに戻ってもらうように伝える。

このようにきちんと聞いてる人は、自分がきちんと理解しておきたいと感じます。そのため自分が聞き逃したり、わからなかったところは発表者に質問したり、また説明してくれないかと聞きます。そのため、1ページ前のスライドに戻ってくれる?と言うことによって、集中してプレゼンテーションを聞いてくれているのだなと相手も捉えます。

 

今回の【英語のミーティングで、頭が良さそうに見せるには?!】はいかがでしたか?そのほかのコツを見たかったら以下のリンクにアクセスしてみてくださいね。

 

https://medium.com/conquering-corporate-america/10-tricks-to-appear-smart-during-meetings-27b489a39d1a#.36e1jun8o

 

Retrieved from:

https://medium.com/conquering-corporate-america/10-tricks-to-appear-smart-during-meetings-27b489a39d1a#.36e1jun8o

About mahoi

日本、アメリカのカリフォルニア州で育ったバイリンガル。英語で経営の勉強をしており、現在はスペイン留学してスペイン語習得に挑戦しています!おもしろい記事をシェアできたらいいなと思っています♪