Home / 表現集 / 知っていたらかっこいい!ハロウィンにぴったりな英語のフレーズ!

知っていたらかっこいい!ハロウィンにぴったりな英語のフレーズ!

みなさんこんにちは。明日はハロウィンですが、みなさんは何か特別なことをしますか?子供達は仮装パーティーをしたり、お菓子を食べたり、渋谷のスクランブル交差点では面白かったり怖い衣装を着た人達が騒ぎますよね。そこで今日はハロウィンにふさわしい英語のフレーズをみなさんにお伝え致します!ぜひハロウィンに使ってみてください!

22090223963_f21062585a_b

最初に見て行く、ハロウィンフレーズは…

 

Trick-or-Treat!

トリック・オア・トリート!

(お菓子をくれなきゃイタズラするよ!)

 

これはハロウィン定番と言っても良いフレーズです。Trickはイタズラとか、嫌がらせの事で、Orはどちらかを選ぶときの単語で、Treatはお菓子やご褒美の事を指します。別に仮装をしていなくても、友達や家族にTrick-or-Treat!と言ってみるのも楽しいですよね。お菓子やご褒美をくれないお家には、子供達がその家に向かって生卵をぶつけたり、その人のお家の車をトイレットペーパーでぐるぐる巻きにします。イタズラされたくなかったらお菓子のご準備を!次の英単語は…

 

Creepy —身の毛がよだつような、ぞっとする

ハロウィンは夜のイベントで、またすごい格好をしてくる人もいます。そのため背後からおそわれたらビックリしますよね。例文で見てみましょう!

That boy had a creepy skull mask that had blood dripping over his face.

あの男の子は顔から血を流しているぞっとするような頭蓋骨のマスクを被っていた。

15675462911_c2ee2d8def_b

ハロウィンだからこそ気を張っていますが、渋谷にハロウィン当日に行ってみると血を流したゾンビ達が多くいるのでお気を付けてください!次は

 

Spooky — 気味の悪い、幽霊のような

これもハロウィンには定番の単語です。幽霊が出てくるお化け屋敷でも使えますね!例文を見ていきましょう。

 

Have you heard? There are spooky clowns appearing all over America to scared people.

聞いた?アメリカで気味の悪いピエロ達が出現して人々を怖がらせているんだって。

 

実はこの例文は事実で、ヨーロッパやアメリカで9月に入ってから凶器を持ったピエロや怖いピエロが街中や普通の道に出現して、人々や人の車に飛び乗ってくるなど悪質なイタズラが増えてきているのです。ハロウィンでもないのに怖いですよね。顔が見えないからこそ、いつも以上のイタズラをしてみようと思うみたいです。そのため今年のハロウィンはピエロの仮装禁止!と断言している州もあるみたいです。

 

今回のハロウィンフレーズはいかがでしたか?是非ハロウィン当日以外でも使えるので、覚えてみてくださいね。

 

photo credit: TerryGeorge. E67A1630 via photopin (license)

photo credit: saigneurdeguerre Halloween (Brussels) 2014 via photopin (license)

About mahoi

日本、アメリカのカリフォルニア州で育ったバイリンガル。英語で経営の勉強をしており、現在はスペイン留学してスペイン語習得に挑戦しています!おもしろい記事をシェアできたらいいなと思っています♪