Home / モチベーション / 明日アメリカの大統領が決まる!トランプは銃を所有するのに大賛成? 後半編

明日アメリカの大統領が決まる!トランプは銃を所有するのに大賛成? 後半編

みなさんこんにちは。明日はいよいよ次のアメリカの大統領が決まる日ですね。みなさんはアメリカの大統領選を見てきましたか?あまり見てない!2人の候補者の考えをそんなによく知らない!と言う方には必見の記事です。正反対の候補者二人は社会問題についてどのような意見だったり、政策を計画しているのでしょうか? アメリカの大統領が決まる今、2人の候補者の意見をまとめて見てきましょう!

1920

まず、銃規制に関しての 政策についてです。

 

Trump: People should have guns for their own protection and we should keep bad people off the streets.

トランプ: 人々自分を守るために銃を持っていた方が良く、悪い人を追い出すべきだ。

とても幼稚な考えだと思うのですが、悪い人がいなくなれば地域や国自体が安全になると主張しています。また銃を保有することには彼は何の問題も無いと言っています。またこの主張からNRA(全米ライフル協会)は膨大な資金をトランプに渡しています。

 

Clinton: She does not prohibit people from owning guns but believes there should be restrictions on selling them to mentally unstable people.

クリントン: 彼女は人々が銃を保有することに関して制限はしないが、精神的に不安定な人に販売する規制をするべきだと感じている。

 

銃社会のアメリカでは簡単に銃を入手することができます。彼女は販売する際の取り締まりをきちんとするべきだと当たり前のことを言っています。彼女は親が銃をしまい忘れて、それで子供が遊び亡くなってしまう件を挙げていて、きちんと規制をすればこのような事件も防げると言っています。

90

 

妊娠中絶については…

 

Trump: Abortion is an inhumane act and does not support organizations such as planned parenthood.

トランプ: 妊娠中絶は非人道的な行為で、家族計画の様な機関は支援しない。

彼はレイプ以外での妊娠中絶は絶対に行ってはいけない行為だと強く主張しています。政府は中絶を行う機関を支援したり、資金を渡したりしてはいけないと言っています。

 

Hillary: She knows abortion is one of the hardest decision that a woman and her family needs to make and the government should not interfere with those personal issues.

ヒラリー:妊娠中絶は女性とその家族が下さないといけないとても難しい決断だと知っているので、このような個人的な事には政府は関与しない方が良いと主張している。

妊娠中絶に関しては意見がはっきりと別れています。そのため家族計画を行っている機関はヒラリーを強く支持をしています。

 

みなさんがもしアメリカの国民で投票できるとなったときに、投票しに行きたいと思いますか?政治に関心がない人でも今回の選挙は多くの人が投票に行くであろうと予測されています。

 

http://www.politico.com/story/2015/09/donald-trump-hillary-clinton-iran-nuclear-deal-213455

http://www.theatlantic.com/magazine/archive/2016/10/who-will-win/497561/

 

About mahoi

日本、アメリカのカリフォルニア州で育ったバイリンガル。英語で経営の勉強をしており、現在はスペイン留学してスペイン語習得に挑戦しています!おもしろい記事をシェアできたらいいなと思っています♪