Home / カルチャー / アメリカではテレビに出たいがために妊娠する高校生が増えている?

アメリカではテレビに出たいがために妊娠する高校生が増えている?

みなさんこんにちは。どの国でも面白かったり、ためになったりするテレビ番組はありますよね。その中で数年前からアメリカで大人気のテレビ番組があります。それが “16 and Pregnant” 「16歳で妊娠」という番組です。それは高校生で妊娠した女子高生を取り上げて、彼らの辛い現状を映そうとしています。アメリカは未成年での妊娠がとても多いため、この番組を通して、そのようなケースが減るよう期待されて作られた番組なのです。しかし反対にテレビを見て妊娠したという未成年の女子が多くなってしまいました!なぜなのでしょうか?そこで今日は理由と一緒に英語のフレーズを見ていこうと思います。

16-and-pregnant-logo

まず、”16 and Pregnant”「16歳で妊娠」という番組がどのようなものかというと、

 

It focuses on different girls that are underage and pregnant for each episode, which is about 48 minutes long.

各エピソードは48分間ほどで、毎回違う未成年で妊娠している女子に密着している。

毎週違う女子高生がピックアップされるのです。その内容は、彼女たちが妊娠してからの毎日を映していて、

 

It shows breaking up with their boyfriends, fighting with family and friends and not being able to attend school or not being able to go partying.

彼氏と別れたり、家族や友達と喧嘩をしたり、学校に行けなかったり、(クラブなど)パーティーに行けなかったりする様子が映されている。

あまり良い内容は映されていなくて、彼女たちが困難を乗り越えながらも子供を迎え入れるというエンディングになっています。しかし最初のエピソードの方で取り上げられた女子達はメディアから注目を浴び、普通の女の子だったのにスターになってしまったのです。そのため、

 

Some girls that are in high school want to get pregnant just because they can be on the show.

番組に出たいがため何人かの女子高生は妊娠したいと思っている。

16-Pregnant-Maci-maci-bookout-18956144-495-330

中学校や高校のときはやっぱり有名になりたい、スターになったらどんな生活が送れるのだろうと夢見る人が多いですよね。そのため、テレビに出れるなら何でもする!と思う女子高生が増えたという実際の例も沢山あります。

 

So many parents are against this show since it is a bad influence to their kids.

自分の子供達に悪影響を及ぼすため、何人かの親たちがこの番組に反対している。

 

そのため、親たちがこのテレビ制作会社を訴えるというケースもありました。

テレビは誰でも見ることができるので、なるべく沢山の人が納得する内容を放送できたら理想的ですね。

 

waitwith.us

Fanpop

About mahoi

日本、アメリカのカリフォルニア州で育ったバイリンガル。英語で経営の勉強をしており、現在はスペイン留学してスペイン語習得に挑戦しています!おもしろい記事をシェアできたらいいなと思っています♪