Home / 表現集 / 日本のレストランのメニューを英語で訳すのはとても難しい?!

日本のレストランのメニューを英語で訳すのはとても難しい?!

みなさんこんにちは。最近私の友達に「日本語のメニューを英語で訳して!」と言われ、引き受けることにしたのですが、驚きの事態が待ち受けていました。どうやって訳したら良いのかが分からないメニューばかりで頭をずっと抱えていました。なぜ日本語のメニューを英語で訳すのがとても難しいのでしょうか?そこで今日はいくつかのメニューを元に英語のフレーズと一緒に見ていきたいと思います。

photo_large

まず大変だったのが「エビチリ」です。日本人の方はその言葉を聞いただけでどのような食べ物かは想像できますが、エビチリをそのまま訳してしまうと

 

Shrimp chili- エビチリ

となってしまいます。それを見た外国人は多分「チリって辛いタバスコ?それとエビ?どんな食べ物なんだろう」と思ってしまうと思うので、

 

Stir-fried shrimp mixed in chili sauce – エビソースに絡められた炒めたエビ

dsc04815

という風になります。エビチリだけでは伝わらないので、どのように調理されているかもきちんと書いたものを英語表記にしました。

 

次は、「こってり豚骨ラーメン」です。実は私は豚骨ラーメンではなく「こってり」 の部分で悩んでいました。豚骨ラーメンは

 

Noodles with pork bone stock soup – 豚の骨から出汁を取ったスープと麺(豚骨ラーメン)

と訳せます。少し長くなってしまったので、日本語のメニューは短くて良いなと感じてしまいました。「こってり」とは味が濃くて、油が多いものを指しますよね。こってりした味のラーメンと言われてもあまり悪いイメージがないのですが、英語で「こってり」は、

 

Heavy – 重い、ずっしりした

としか訳せないのです。Heavy Ramen (ヘビーラーメン)と言われたら悪いニュアンスしか伝わってこないので、食欲が激減しますよね。そのため、「あっさりした味」というのも、

 

Light, fresh – 軽い、新鮮な

としか訳せないので、あっさりした味のラーメンも別に軽くて薄い味でもない上、新鮮という意味でのあっさりではないので訳すのにとても苦労しました。

最後に苦労したドリンクメニューは「キンキンに冷えた生ビール」です。生ビールは、

 

Draft beer – 生ビール

 

と訳せるのですが、「キンキンに冷えた」というのは日本独自の表現であって、どれだけ頑張っても英語では”Very cold”としか訳せませんでした。しかし、

 

Very cold – とても冷たい

 

「とても冷たい」と「キンキンに冷えた」は日本人の感覚の中では少し違いますよね。

 

そのため今回は日本語にしかない特有の表現の仕方「しゃきしゃき」「キンキンに冷えた」「もちもち」というような表現に悩まされてしましました。その反面、日本語は表現が豊かな言語だなと再認識することができました。

 

 

ota3shokudo.cocolog-nifty.com

Takumen

About mahoi

日本、アメリカのカリフォルニア州で育ったバイリンガル。英語で経営の勉強をしており、現在はスペイン留学してスペイン語習得に挑戦しています!おもしろい記事をシェアできたらいいなと思っています♪