Home / 英語学習法 / 分からない英単語を聞いても焦らない方法とは?

分からない英単語を聞いても焦らない方法とは?

みなさんこんにちは。みなさんは海外に行ってみて驚いたこと、ひやっとしたことなど色々なことを感じたと思います。すべて自分が思い通りに行くわけでもなく、すべてが良い思い出ではないかもしれませんが、そこから学べることや、強くなったりできると思います。私は海外で合計8年間ほど暮らしてみて、辛い経験から強くなった!と自信を持って言えることがいくつかあります。その一つが言語や語学に対する姿勢です。今日は英語のフレーズを混ぜながら、みなさんにいくつかの英語学習のコツを紹介したいと思います。

1776889726001_panic_attack

私は英語が分からないままアメリカの学校に通っていました。最初の2年はほとんど英語が話せなかったので…

 

I don’t panic anymore when I hear a word that I don’t know or language that I am not familiar with.

自分に馴染みのない言語や、知らない単語を聞いてもパニックにはならなくなった。

最初は相手が何を言っているのか、また何を話しかけられているのかが分からなくてストレスを感じた時期がありました。しかし途中からすべてを理解しようとしなくても大丈夫と思えるようになってきました。そのように暮らしている中で、時々知っている単語が出てきたら、あ!前に学んだ単語だ!と気づけるようになり、徐々に英語を理解し話せるようになりました。今でも語学を勉強している際にあまりイライラやストレスを感じないのは、すべて分からなくても大丈夫、なんとなく意味をくみ取れたらOK!と楽観的に感じているからです。

 

なので、みなさんもすべて理解しなくても文脈から何となく意味を汲み取ろうとする練習を行うと、ストレスが少なく英語を学習できると思います。

 

二つ目は

 

You don’t need to come up with the perfect word to describe the thing you want to say.

自分が言いたい単語に対してその言葉自体を頑張って思い出そうとしなくても良い。

これが大切だなと感じたエピソードがあります。自分が「みかん」が一番好きなフルーツだと言いたかったのに、「みかん」と言う単語が出てこなくて黙り込んでしまいました。そうすると相手は、自分が話していることに対して興味がないのかと勘違いしてしまい、違う人の所に行かれた経験がありました。このときに黙り込むのはいけないと感じました。そのため私はこの経験から学び、「みかん」という単語が出てこないときは、「丸くて、オレンジ色で甘くて、オレンジよりも小さいフルーツ」と言い換えるようにしました。そうすると相手も「あ、みかんのことね」と言ってくれます。大切なのは会話のスピードを落とさないことです。

 

みなさんもこのコツから、分からない単語やフレーズに遭遇しても焦らないようになれるといいですね!
www.playbuzz.com

About mahoi

日本、アメリカのカリフォルニア州で育ったバイリンガル。英語で経営の勉強をしており、現在はスペイン留学してスペイン語習得に挑戦しています!おもしろい記事をシェアできたらいいなと思っています♪