Home / カルチャー / 海外で大人気!「イモムシ寿司」とは?

海外で大人気!「イモムシ寿司」とは?

みなさんこんにちは。突然ですが、日本の食べ物は?と聞かれるとどう答えますか?多くの人は外国人に分かりやすい「寿司、天ぷら、ラーメン、味噌汁」と答えると思います。海外でも大人気の寿司は、独自の国のスタイルに合わせて作られたりします。「カリフォルニアロール」「イモムシロール」「レインボーロール」「パン粉寿司」など色々ありますが、なかなか味の想像がつきませんよね。そこで今日は外国で大人気の少し変わった寿司に関してお伝えしたいと思います。

IMG_4034

外国の寿司屋さんに行くと最初にこのように感じます。

 

There are a lot of maki zushi compared to nigiri zushi.

にぎり寿司と比べて巻き寿司が多い

ということに気がつきます。ネタが一つしか乗っていないにぎり寿司に比べて、多くの具が入っている巻き寿司の方が意外と海外では人気なのです。海外でも「Maki」と親しまれています。巻き寿司の具がとても興味深いのです。例えば

 

Caterpiller roll has avocado around the sushi instead of seaweed.

イモムシロールは寿司の周りに海苔が巻いてあるのではなくアボカドが巻いてある。

IMG_4036

写真の様に寿司の周りに巻いてあるのがアボカドです。斬新な発想ですよね。その中身の具はアボカド、カニかま、サーモン、クリームチーズなど入っています。多くの寿司にはクリームチーズが入っていてます。日本では考えられませんが、意外とクリームチーズとご飯の相性がとても良いのです!海外に行ったときには是非試してみて下さい。また驚いたのが

 

Panko sushi is a maki zushi that is fried with panko.

パン粉寿司はパン粉で揚げられた巻き寿司だ。

前回初めて試してみたのですが、食感がとても面白いのです。寿司にはカリカリの食感がないため、パン粉のカリカリとご飯のもちもちが一緒になっていて驚きました。またパン粉で揚げられているため寿司が熱いのです。いつも冷たい寿司が温かく2度ビックリしました。しかし海外では寿司を揚げて食べるのがとてもポピュラーで、パン粉寿司が一番好き!と言う外国人も少なくないのです。

 

また地域によって違うのですが私が現在滞在中のチリでは、味が濃いめの料理が多い国なので、醤油をハンパない量をかけて寿司を食べていました。日本では醤油を沢山つけないよと伝えたら驚いていました。

 

今回の【海外で大人気!「イモムシ寿司」とは?】はいかがでしたか?外国で寿司を食べるのは少し意外かも知れませんが、面白い寿司に出会えますよ!

 

 

About mahoi

日本、アメリカのカリフォルニア州で育ったバイリンガル。英語で経営の勉強をしており、現在はスペイン留学してスペイン語習得に挑戦しています!おもしろい記事をシェアできたらいいなと思っています♪