Home / 海外生活 / 帰国子女はこんな企業に就職する!傾向を分析!

帰国子女はこんな企業に就職する!傾向を分析!

みなさんこんにちは。突然ですが皆さんが就職活動をしていたときにどのような基準で企業を選んでいましたか?有名な企業だったり、働いている人達が自分と似ている雰囲気、などと色々な要素があると思います。それでは帰国子女はどうでしょうか?日本人だけど、日本人らしくない性格や特性を持っている帰国子女。そこで今日は帰国子女がどのような企業に就職するのかをみなさんに紹介したいと思います。

business-english-is-central-to-your-company-becoming-a-global-leader-_1093_477754_0_14042536_500-500x198

多くの人から、帰国子女だから海外の会社で就職するのかとよく質問されますが…

 

The truth is, not so many people work in a company abroad.

本当のことを言うと、海外の企業で働く人は少ない。

 

私は帰国子女で就活を体験してきたのですが、卒業して海外ですぐ働くという帰国子女の友達は数名しかいません。卒業後、すぐに海外で就職する一人の友達は、「日本の社会で働けると思わなかったから海外で就職する」「自分のスキルを試すために海外に行く」と言っていました。また海外で就職する場合、就業ビザを取ったり、住む家の家賃なども気にしなければならないので、ストレスが多いプロセスなのです。

 

Many people work in a Japanese company but they wish to work in a global division.

多くの人が日本の企業で働くのですが、海外部門で働きたいと願っている。

images

日本の企業に就職し、数年後、語学力や海外経験を活かし海外へ出張に行く事を望む帰国子女は少なくないのです。やはり自分の体験を無駄にしたくないと考える人も多く、転勤や出張にはオープンな考え方を持っている人が周りには沢山いました。しかし中には日本の企業風土に慣れず、やめてしまう人もいます。海外では個人主義の考え方を教えるため義務教育の期間を海外で過ごした人は、グループやチームで作り上げるよりも、自分の力で何かを成し遂げたいと思う人達が多いのです。 そのため最近帰国子女に人気なのが…

 

Venture companies located in Japan.

日本にあるベンチャー企業。

ベンチャー企業が人気なワケは、若くして多くの重要な仕事を任されるからです。そうすると早く成長ができるのと、自分の力で仕事をやり遂げられるという達成感が生まれます。スピード感があるのも帰国子女から注目を集めている理由の一つです。また自由な働き方にもオープンなベンチャー企業が帰国子女の性格とマッチしているのではないでしょうか?

 

今回の【帰国子女はこんな企業に就職する!傾向を分析!】はいかがでしたか?これから新しい働き方がたくさん出てくると思うのでその変化も楽しみです!

 

 

http://www.globalenglish.com/blog/2014/06/06/help-your-company-become-a-global-marketplace-leader-with-business-english/

 

http://www.danpontefract.com/micro-blogging-can-help-build-your-organisational-culture/

About mahoi

日本、アメリカのカリフォルニア州で育ったバイリンガル。英語で経営の勉強をしており、現在はスペイン留学してスペイン語習得に挑戦しています!おもしろい記事をシェアできたらいいなと思っています♪