Home / 海外生活 / 滞在前に知っておくべきアメリカ小学校のPTA事情。ママの役割とは

滞在前に知っておくべきアメリカ小学校のPTA事情。ママの役割とは

large_5367119103

アメリカの公立小学校と日本の公立小学校では、親と学校の関わり方が大きく異なります。

アメリカでは、普通の授業の日にクラスメイトのお母さん・お父さんが教室へお手伝いに来ているのは当たり前。

授業中は「○○さんのお母さん・お父さん」ではなく、先生を呼ぶときと同じように「Mrs.○○」や「Mr.○○」と呼ばれます。

私は現在、キンダーガーデン(年長児)クラスのボランティアに週2〜3回、楽しく通っています。今回はその経験から学んだ様々なことを、ご紹介させていただきます。

 

アメリカならでは? 効率のいい、クラス役員の決め方

large_6107910264

アメリカの公立小学校では、クラスごとに通称「Class Mom(クラス マム)」と呼ばれるクラス代表の親がいます。そして、その人が1年間を通してクラス行事や他のボランティアの親たちの取りまとめを行います。

そのクラスマムの決め方を知って、とても効率がいいと思いました。立候補制でもくじ引きでもなく、クラス担任の先生から学年が始まる前に個人的に打診が来るのです。

たいていの場合、子供のお兄さんやお姉さんがその学校にいて、学校のことを既に知っている親御さんが頼まれることが多いです。

クラスマムの仕事は多岐に渡り1年間とても大変なのですが、学年が始まった時点で既にクラスマムが決まっていることにより、他の決め事全てがスムーズに進みます。

クラスマム以外のボランティア募集については「Parents Night」や「Back To School Night」と呼ばれる、年度始めの保護者会で行われます。共働きの家庭が多いせいか、アメリカでは保護者会が夜に行われることが多いです。

保護者会の時にボランティアのリストが教室の隅に置かれていて、早いもの勝ちで人気のあるボランティアからどんどん埋まっていきます。また、全てのボランティアが決まるまで長々と話し合いを行うなんていうことはなく、決まらなかったものについては後日メールで再募集が行われます。

「ボランティアへ行くと自分の子供が喜ぶから」という理由で、都合さえつけばほとんどの親が積極的にボランティアに参加します。

仕事をしていて学校のボランティアに参加することが難しい親御さんもいますが、できる人や、やりたい人がやればいいというスタンスなので、ボランティアの量に差が出たからといって、揉めるようなことはまずありません。

 

ボランティアって、実際どんなことをするの?

large_12416571325

親が行う学校のボランティアには、様々な種類があります。

  • クラスルームボランティア(授業に参加し、先生のお手伝いをします)
  • 遠足の付き添い(車を出し、運転手になることもあります)
  • ライブラリー(学校の図書室のお手伝いをします)
  • リーディング(特に低学年の子と、英語を読む練習を一緒にします)
  • イベント(年に数回行われるクラス行事のお手伝いをします)
  • 家で行うボランティア(クラフトの下準備、鉛筆削り、文具の整理など)

私が定期的に参加しているボランティアは算数のアクティビティーで、ひとつのテーブルに6人くらいの子供を受け持ち、数字を使って簡単なすごろくをしたり、ブロックを使って数を数えるのを手伝ったりしています。

ハロウィンが近かったときには、4つのカボチャの中でどのカボチャがいちばん多くタネが入っているかをみんなで予想し、実際にカボチャを切ってタネの数を数えてみる、なんていうアクティビティーもありました。

キンダーにいるのは5〜6歳で、まだまだ注意力が散漫な子が多いので、ひとクラス25人に先生1人では目が行き届かないところも多く、大人が数名入ることで授業の質が格段にアップすると実感しました。

 

テクノロジーを駆使した親のボランティアネットワーク

large_11496253143

アメリカではクラスの親どうしの連絡はもちろん、先生とのやりとりもメールやインターネットを使って行うことが多いです。

「Shutterfly」や「Sign Up Genius」といった非常に便利なサイトを使い、クラスマムがボランティアの管理を行ってくれます。

メールでボランティアの募集がきた場合には、そのままリンクから必要なボランティア一覧のチェックや応募をすることができ、そして自分が行うボランティアの2日前には自動でリマインダーのメールが届くという、至れり尽くせりなサイトまであります。

そういったサイトを使ってクラス専用のページを作ってくれるクラスマムも多く、クラス行事の写真を保護者がそこへアップロードすることで、皆で写真を共有できたりもし、とても便利です。

 

ボランティアのススメ

large_5660877126

今回は学校のボランティアについて紹介させていただきましが、いかがでしたでしょうか。

「ボランティア」というのは無償で自分の時間と労力を提供するもので、人によっては無駄なものと感じることがあるかもしれませんが、学校のボランティアに限らず、ボランティアに参加することで自分が得られるものは必ずあると思います。

私は学校のボランティアに参加することで、たくさんの知識を習得することができ、人間関係も広がりました。

アメリカではボランティアのネットワークがきちんと管理されていて、参加するほうも安心して、楽しんでできる場合が多いです。

英語を使うボランティアに参加すれば、英語を練習する絶好の機会にもなりますので、興味のある人は是非一度ボランティアに参加してみてはいかがでしょうか。