Home / カルチャー / つまづいてる人集合!「外国人と会話が続かない」原因はこれだ!

つまづいてる人集合!「外国人と会話が続かない」原因はこれだ!

001

英語を学習する方法としておそらく皆さんがされるのは、最初に単語を覚えフレーズを頭に入れ、練習を経てある程度自信を付け、そしていざネイティブとの会話へ!といった順序になるでしょう。

がしかし、実際に外国人と会話をしてみると、「どうしても会話が進まず途切れてしまう。」、「日本語と同じようなテンションで話せない。」、「一生懸命話しているのに相手から興味のなさそうなそぶりを見せられ落ち込んだ。」といったような声が多く聞かれます。

なぜでしょう?今回はそれを考えたいと思います。

 

おしゃべりな人は英語でもお喋り

002

周りにいる英語が上手な方って、普段日本語でもおしゃべりではないですか?日本語で会話が上手な方やおしゃべりな方って英語が上手な人が多いのです。なぜかというと会話に対するモチベーションが高いからです。相手に自分のことを伝えようという気持ちを高く持つ意識があなたの英語力を引き上げます。

あなたが周りから大人しい、聞き役だと言われるタイプだった場合、まずは日本語で自らのことを表現するプレゼンテーション力を身につけることが大事です。

 

ある程度会話ができているのに続かない

005

ある程度会話が成立しているのに相手の反応がイマイチだと感じている方は、会話のイニシアチブの比率を考えてみてください。相手から聞かれるままに返事をしてお返しの質問を怠っていませんか?

一つの事柄に関して質問を受けたら相手の意見を必ず聞いてください。私達日本人と違って特に欧米諸国の人々は、自分のことを聞かれないと自分に興味がないと思って相手への関心を下げます。「How about you?」「What do you think?」程度の切り返しからで十分ですので、とにかく会話している比率が50:50になるよう心がけましょう。

また相槌の仕方にも気を付けてみてください。「Yes.」「No.」「I think so.」「I don’t think so.」だけで返事は成立しますが、それ以外にも「Really?」(本当?)「That’s a shame!」(残念!)「Say that again!」(まったくだ!)「I got it.」(わかったよ)「Lovely!」(素敵!)「Disgusting!」(うんざりだ!)といったような少しテイストを付けた返事が出来ると感情がこもって会話も楽しくなります。

 

会話を彩る文脈は使えていますか?

0031

例えば、「昨日、奥さんとアウトレットに行きました。彼女が買物している間に、私はウォーキングをしていたのですが、大きい車の事故を見ました。」という文を相手に伝えたい場合に、まずはシンプルに「I went to the outlet mall with my wife. She did shopping and I went for a walk. And I saw a big car accident.」と訳します。

それだけですと3つのセンテンスが全て似たような語彙数で似たような文脈であるため会話が単調に聞こえます。これを、例えば「I went to the outlet mall with my wife. While she was doing shopping, I went for a walk. Then, I saw a big car accident. You should have seen it!」という文に変えると少し文章に抑揚が付くでしょうか。語彙数も最初が9単語、次がコンマで区切った5+5=10単語、「Then」で一呼吸置いて、次が6単語で締めが5単語の「!」で感情を上げる、といったように構文ごとに抑揚を付けると文にオリジナリティーが出てきます。

難しく語彙数を数えて考える必要はありませんが、文章が平たんにならないようにある程度強弱を付けるように心がけると、自然と文章もこのような構成になってきます。また、「Then」や「So」、「Like」、「And then」、「As I said」、「You know what」、「That’s why」等のワードは箸置き的な役割としてとても使えますので普段からフレーズの中に入れる練習をするといいでしょう。そして、文を飾るための「You should have seen it!」(君も見れたらよかったのに!)などという本来事実を伝えるには意味のないセンテンスも文中にあると会話自体に彩りが出てきます。

 

話題に詰まったらトピックを変えてみる

004

そんな努力をしてもまだ話題が続かないというあなた、もしかすると相手との会話の相性が合わないのかもしれません。相手が話していることに興味がなければ、その会話は苦痛でしかありません。その際は、適当なところで切り上げて話題を変える必要があります。

「By the way, ~」(ところで、)「Oh, I forgot to tell you about this, ~」(あぁ、言うの忘れてた。)、「I gotta tell you about it, ~ 」(これ君に言わなくちゃ)、「Guess what! ~」(何だと思う?!)、「Did you hear that ~」(聞いた?)、「That what I was going to tell you, ~」(これ言おうと思ってたんだ)、「Can I change the subject? ~」(ちょっと話題を変えてもいいですか?)のような言葉がトピックを変えるにはいい言葉ではないでしょうか。

 

さいごに ~会話は言葉あそび~

006

日本の人同士でも、初対面同士だったり趣味の合わない同士で会話を続けるということはなかなか難しいこと。特に私達日本人は会話を会話としてとらえますが、英語を話す国の人たちは往々にして会話のキャッチボールを楽しんでいるだけで中身のある会話をしているわけではないようなことも多いです。そのあたりを見極めるとともに、それほど会話を重苦しいものとしてとらえずに、そんなもんだとリラックスしてとりあえず楽しそうな話題を投げかけてみるのもいいかもしれません。

最近はテレビに話題の豊富な芸人さん等も出ています、ああいったおしゃべりのプロから会話術を学んだりすることも、長い目でみれば英会話の勉強になるかもしれません。チャンスはどこにでも転がっています。ご自身にあった勉強法を見つけて、会話上手になれるといいですね!

 

About white

日本でシステムエンジニアとして8年働いたところで、急に思い立って職業給付金を利用し英語学校へ1年行き、アメリカのアダルトスクールでの3か月短期留学を経験。 その後、ワーキングホリデービザにてオーストラリアへ渡豪し、一度日本に戻るも一年後にIBM Australiaへ再就職し渡豪、オーストラリア人と結婚し現在1児の母として奮闘中。 英会話講師の家へホームステイ、オーストラリアでの各種短期留学受付中です。詳しくは→http://www.ab.auone-net.jp/~aus-life/