Home / カルチャー / どんな風に聞こえるの?擬音の場合★日本語V.S.英語

どんな風に聞こえるの?擬音の場合★日本語V.S.英語

large_2391978748

kaorinです。国が違えば聞こえ方が違うのが擬音です。犬は日本では「ワンワン」ですが欧米では「バウワウ」、とずいぶん違いますね。今回は擬音の比較オンパレードです。

 

鳴き声の場合

綴りからその動物が想像できますか?

bow-wow

皆さんもご存知の犬の鳴き声です。バウワウですね。

meow

これも絵本などでおなじみ、ネコの鳴き声。「ミャ〜ウ」という発音ですね。

oink

ブタの鳴き声です。「オインク、オインク」というのは外国の子供アニメでよく聞く事ができますね。日本人にはあの鳴き声は「ぶーぶー」と聞こえるわけです。

cock-a-doodle-doo

とても有名なニワトリの鳴き声。「クックァドゥードゥルドゥー」ですね。それに対して「コォ〜ケコッコ〜〜」はやはりフラットな聞こえ方です。

cluck

こちらもニワトリの鳴き声。「コォ〜ッコッコッコッ」は「クラック、クラック」になるのです。

caw

カラスの鳴き声です。日本語の「かぁ〜」より少し立体的な鳴き方です。

clip-clop

馬のひずめの音です。日本だと「パッカパッカ」ですが「クリップ、クロップ」と聞こえるようです。

croak

カエルの鳴き声です。「ケロ、」という日本語と「クロォク」は少し似ています。

cockoo

お分かりの方も多いと思います。カッコーの鳴き声です。これも日本語の「カッコー」と似ています。「クックー」になるんですね。

hoot-hoot

フクロウの鳴き声です。これはとても両方で似ています。「ホ〜ッ、ホ〜ッ」ですから。

howl

遠吠えです。日本だと「ワォ〜ン!」となりますが、「ハゥ〜ル!」となるのでしょう。

moo

牛の鳴き声です。日本人の「もぉ〜〜」の感覚よりももっと深い感じで「ムゥ〜」となるようです。

neigh

馬の鳴き声です!日本人には「ヒヒィ〜ン」が「ネ〜ィ」と大分違っています。

peep-peep

ヒヨコの鳴き声です。こちらはかなり日本の発音とも似ています。でも日本人は「ピヨピヨ」 。あちらでは「ピーッピー」です。

quack

アヒルの鳴き声です。「クワックワッ」です。が日本ではあひるは「がーがー」と、昔から絵本に書いてあります。

screech

サルの鳴き声です。「キッキッキ〜」や「ウッキ〜」が「スクリィ〜ク!」となるんですね。そう聞こうと思えば聞けなくもないですが。

warble

鳥の鳴き声を美しく表現したものだそうです。「ロォ〜ブル」とでも日本語を書いたら読めるでしょうか。これに似た日本語表現は思い当たりません。日本語表現にはこのrなどの舌を喉の方に巻いて引き寄せる発音がないので平たくなりますね。

whine

クンクンというのがこちら。「ウィン」というような発音になります。

woof

唸り声です。「ウゥ〜フ!」という感じです。

yelp

子犬の鳴き声です。

 

物音の場合

アメリカのコミックス、スーパーマンやバットマン等には良く出てくる擬態語。思い出せますか?

origin_280244919

欧米人の耳=英語耳で聞く感覚に慣れてみる?

こちらは、読んで字のごとく、ですがその表現が本当に日本とは違って興味深いです。発音構造の違いからこんなに聞き取り表現も変わってくる、という事で是非ご覧下さい。

crash

「ガチャン!」「ドッシ〜ン」はこれです。スーパーマン、バットマンでは度々お目にかかる太文字です。

bang

「バン!」となりますね。バタンと閉まる、ドンドン叩く音ですが、刑事モノや悪役登場でピストルが出てくるとこの吹き出しはエクスクラメーションマークと共に目につきます。

honk honk

車の「ブーッブーッ」音ですが、「ホンッ、ホンッ」となりますが、これ、ブタの鳴き方のブーブーが、オインク、オインクになるのと似ています。

boom

「ブーン」と唸る感じですね。最後がmなのが日本人の感覚とは大いに違います。

splash

「パシャッ」と跳ねる音。「スプラッシュ!」日本でもそういう清涼飲料水がありましたね。

pop

清涼飲料水のCMでおなじみですがポンッとなる音です。あちらでは「パップ」となります。パソコンの効果音にも入っています。

 

origin_3305308543

smash

「ピシャッ」と殴る音ですが、やはりバットマン、スーパーマンで多く登場する太字+エクスクラメーションマークで有名です。

clank

お皿が割れた時など、「ガチャン!」というイメージで使われます。

blip

「ピッピッ」という音はあちらではこういう綴りになるのです。

clap

これは日本でも浸透しました。拍手です。「パチパチパチ」と日本では表現していますが「クラップクラップクラップ」と聞こえるわけです。

chuckle

「クスクス笑う」表現です。日本人にはこの感覚は理解しがたいです。「チャックル」に近い聞こえ方ですから。一人笑いで「クックッ」という感じに近いでしょうか。

clink

「チリン」という音はあちらでは「クリン!ッ」となるのです。最後に口の中にkがかすかに残るのが英語発音です。

ding-dong

こちらも歌でおなじみ。「ゴーン、ゴーン」です。「ディンドン」になります。

fizz

お湯の沸く「シュゥーッ」という音ですね。「フシューッ」としかカタカナ表現できませんが。

flutter

ひらひらする様子。「フラッター」ですね。意味が高じて”feel fluttered”で光栄に思う、とあります。つまり名誉に感じて舞い上がってしまう感じですね。

snap

「パチン」と指を鳴らす時に使われますが「ポキン」と折る音でも使います。

squeak

「キーキー」音を立てるという表現ですがサルの「スクィーク、スクィーク」と聞こえ方が似ています。

tap-tap

「コツコツ」と聞こえるのだそうですが、こちらでは「タップタップ」と読んでしまいますが…。

tattarrattat

ドアが開く音なのですが、これはどうやっても日本人には想像がつかない音の表現です。「ギィ〜〜〜〜、」という風にしか教わりませんでしたし。

tick tick / tick tock

これは日本でも皆さんご存知でしょう。「ティックティック、チックタック」です。これは日本では「コチ、コチ」だったように思いますが。

ting-a-ling-a-ling

「チリン、チリン」の表現です。「ティンガリンガリン!」と発音されますがこれはミュージカル等の歌詞で歌われるのでご存知の方も多いでしょう。

 

まとめ

large_127287586

いかがでしたか?今回は受験や資格等には全然関係のない、欧米人の生活に密着した生活英語の表現と日本語とのそれぞれ比較をしてみました。外国の絵本やコミックスを思い浮かべてその状況をご想像なさると楽しめると思います。たまにはこんなミニ知識を増やす時間があっても面白いのでは?コーヒーブレイクを是非お楽しみ下さい。

 

About 鍋島 佳緒里

小さい頃から、IBMが日本に招聘したイギリス人講師が自宅にステイするという家庭で育つ。感覚的に英語を習得したため発音だけは良いがグラマーやリーディングに苦手意識が残る。音楽制作の仕事に従事し、海外の音楽祭取材などで一年の内2ヶ月をヨーロッパで過ごす数年間の経験を経て、現在はNY在住のアメリカ人パートナーとの遠距離を克服しながら毎日英語を使う日々。 TOEICで高得点を取るビジネス英語に注目するだけではなく、日常的にエレガントで社交的なマナーを持って国際人としてウィットのある会話するのをモットーとしている。フランス語も中級。デンマーク映画に夢中。日本在住。「なめらかな発音と言い回しをゲットするレッスン」はinfo@a-tfactory.co.jpまで。