Home / 海外生活 / 短期留学者必見!ショートステイを充実させるためのヒント

短期留学者必見!ショートステイを充実させるためのヒント

large_3499349856

今後の日本にとって、世界標準語の英語を身につけることは必須です。特にオリンピックの開催が決定したことによりその国際化の波はどんどん大きくなっています。そしてそれに伴い、多くの人々が英語習得の近道として短期でもいいからと留学をするケースが多くあることも現実です。留学を支援する側も、様々な形態で年齢層広く多くの人々を海外に送りだそうと、ホームステイプログラムを中心に色々なタイプの留学を提案しています。

ただ、どんな人でも気軽に海外へ留学出来てしまうといった現状から、準備をせずに認識不足のまま旅行感覚でいきなりホストファミリーのもとへ飛び込んだはいいが、なんだか遠慮と怖さで距離がなかなか縮まないという状態になることもしばしば・・・・特に短期留学の場合はカチコチになったまま英語の進歩もなく帰国するといったケースがとても増えています。またそれは受け入れる側も同じで、ホームステイ先の家族から苦情が来ることも多々あります。

ということで、今回は短期留学生活を円滑に送るためにしておくべき準備についてお話したいと思います。

 

英語力、もしくはそれに準ずるコミュニケーション能力を鍛える

large_5257638200

出発前に英語力を上げておくことはもちろん必要です。特にホームステイをする際に必要な言葉や単語を伝えられる力をつけることが重要です。

聞くことに関しては、私達日本人は結構得意です。少しゆっくり話してもらえれば、理解することもそれほど難しくありませんし、最終的には解らない言葉があった場合はスペルを聞いて辞書で調べれば問題ないでしょう。

しかし伝える力が弱いと、相手はあなたのことを理解してくれず会話が前に進みません。伝えるために十分な英語力を持つか、もしくはボディーランゲージを使ってでも伝えたいことを表現する練習をしてください。このボディーランゲージはとても効果的で、身体を動かすことによってあなた自身がリラックスしオープンになれるという効果と、硬くなって話しているより表現力豊かに身体を使って話すことにより相手が親しみを持つという効果もあります。

 

滞在先が決まったらメールで挨拶を

large_4310691752

エージェントからホストファミリーが決定したといったお知らせが来たら、まずメールアドレスを聞いてメールでの挨拶をしておきましょう。

突然会って挨拶をするとなると緊張してしまい言葉も出にくくなりますが、メールであれば前もってあなた自身のことをゆっくり考えながら英語の文章に起こし、相手に伝えておくことができます。軽い自己紹介と得意なことや好きなことを少し書いておくと、実際に会った際にその情報をもとに話題を提供してくれることもありますし、ある程度あなたの趣味や好きなことがわかっていれば、相手もあらかじめ好きそうなことや物を用意してくれるかもしれません。

ホストファミリーも受け入れに慣れているとはいえ、始めて会う相手ですから多少なりとも緊張感はもっているはず、あらかじめ出発前にあなた側をオープンにすることにより、より身近に思ってもらえるとホームステイのスタートをワンステップ先から始めることができます。

 

お土産あるある

large_7891220872

お土産ですが、必ず何か持っていってくださいと言われることが多いようですが、ホストファミリー側はそれほどお土産を期待はしてないようです。特にホストファミリー登録をして学生の受入れを常にしている家には飾りきれないほどの扇子とこけしが置いてあり、ファミリーも扱いに困っているようです。

以前受入れをしているファミリーにどんなものが嬉しいのか聞いてみたところ、日本の精巧に作られた和菓子とか洋菓子(実は洋菓子のほうが評判が高いです)や、女の子がいる家庭ではキティーちゃん等の世界的人気のあるキャラクターを挙げていました。また、日本は優れた文具がとても安価で購入できることから、ボールペンやマジックインキ等も人気があります。特にフリクションペンやマッキー等は外国で買うととても高価なので喜ばれます。

どうしても日本から来たということで伝統的や文化的と言われるものを持って行きがちですが、どちらかというとそれよりも現在の日本が誇るスイーツや安定性のある日用品などを持っていくと喜ばれるようです。

 

ルールがある場合は前もって

large_2660806349

ホームステイに行きますと、受入れに慣れているファミリー等は既にハウスルールを書いたものを渡されることがあります。もしくは書面でなくても口頭で必ず説明されます。このハウスルールというのは、その家にお世話になる際に守らなくてはならないルールで、非常に重要なのです。

しかし、飛行機での旅の疲れもあり英語の文章を読んだり相手の話を理解する元気がないという理由から、結構このハウスルールをないがしろにしてしまっている人々が多いようなのです。

しかしファミリーにしてみたら、ルールを渡した、または説明した時点で既にあなたが理解していると考えますので、その日のうちにでもルール外の行動をしたりすると不快に思います。

従って、メール等で送ってもらえるようであれば、事前にハウスルールを送付してもらい熟読するといいでしょう。基本的には注意事項が並んでいますが、読んでいくうちにそのファミリーの生活スタイルが見えてきて何となくイメージもつかめますし、もちろん英語で書かれているのでホームステイの予習にもなります。

 

さいごに

large_6811178179

せっかく忙しい合間をぬってホームステイするわけですから、なるべく短期でステップアップできるよう十分に準備をしておくと、何もしないで行くのとはスタートラインが格段に違ってきます。より効率的な英語習得や体験をするために、日本にいるうちに出来ることは全て網羅しておきましょう!

 

About white

日本でシステムエンジニアとして8年働いたところで、急に思い立って職業給付金を利用し英語学校へ1年行き、アメリカのアダルトスクールでの3か月短期留学を経験。 その後、ワーキングホリデービザにてオーストラリアへ渡豪し、一度日本に戻るも一年後にIBM Australiaへ再就職し渡豪、オーストラリア人と結婚し現在1児の母として奮闘中。 英会話講師の家へホームステイ、オーストラリアでの各種短期留学受付中です。詳しくは→http://www.ab.auone-net.jp/~aus-life/