Home / 英語学習法 / 映画から学ぶネイティブ英会話 ~L.A.コンフィデンシャル編③

映画から学ぶネイティブ英会話 ~L.A.コンフィデンシャル編③

LAconfidential11

kaorinです。前回好評だった、スクリーンプレイ・シリーズを使っての映画で英語を学ぶ同シリーズ「L.A.コンフィデンシャル」の続編3回目です。

 

スクリーンプレイ・シリーズって?

スクリーンプレイは1988年にE.T.の完全セリフ集を出版してからずっと完全英語シナリオを手がける出版会社。 スクリーンプレイ・シリーズは左側が英文シナリオ、右側が日本語訳。となっており、脚注にスラング、あるいはイディオムの解説も入っています。

 

学習の仕方(おさらい)

第一回目で解説していますからそちらを熟読なさってみて下さい。

http://www.funlearning.co.jp/archives/5404

 

L.A.コンフィデンシャル

LAconfidential09

1997年に映画化された古い作品ながら第90回アカデミー賞9部門のノミネートの充実した作品。今回は目次の中から前回に引き続き「血塗られたクリスマス」「スケープゴート」の辺りから気になるセリフをピックアップします。

 

全体のあらすじは第1回目のブログをご参考になさって下さい。 今回はその3回目になります。

http://www.funlearning.co.jp/archives/5404

★今回取り上げたこの教材についてはすでに出版社では廃盤ですがお近くの図書館にはまだ書架に在庫のある所が少しあるようです。ご利用希望の方はそちらもご参考に。(2014.4月現在)

 

気になる英語表現集

今回もニクイ英語表現、英語的発想の表現をピックアップしました。

 

1. Your partner is through. Departmental scapegoat on the Chief’s orders.

君の相棒にはやめてもらう。署長命令でね、署のスケープゴートってわけだ。

ここでのポイントは二つ。throughには終わりの、という意味があります。なのでここでは彼は終わりだ=やめてもらう、という意訳になります。scapegoatは日本語でもスケープゴートというようになりましたが、生け贄とか、身代わり、というような意味になります。

 

2. Do you follow my drift ?

私の言わんとする事がわかるかな?

driftには「漂流する」という意味があるのですが一方で、趣旨、趣意という意味もあります。余談ですがTVで有名だったドリフターズは放浪者たち、という意味なのです。ご存知でしたか?

 

3. Meet Deuce Perkins, Mickey Cohen’s narcotics lieutenant. Could he be behind the hits? Is he consolidating organized crime power?

デュース・パーキンスを紹介しよう。ミッキー・コーエンの麻薬担当の幹部だ。果たしてこの男が黒幕なのか?彼が組織犯罪の実権を握ろうとしてるのだろうか?

ポイント満載のセリフですがここでは4つ。Meetは「紹介させて下さい」という意味。映画「ジョー・ブラックをよろしく」の原題も”Meet Joe black”です。narcoticsは麻薬。drug lieutenantとも言います。the hitsは殺し屋グループ。文字通りヒットマン達。consolidateは統合する、という意味です。

 

4. One things for sure, two-man triggers are punching the tickets on the Mickster’s muscle.

確かな事はただ一つ、2人組の狙撃グループがミッキーの幹部を殺ったということだ。

Two-man triggersという表現ですが、two-manというのは元から「2人で」という意味でmanがmenにならずに単数形のままなのを覚えておきましょう。そして triggersは文字通り引き金たち=狙撃犯たち、となる訳です。punch the ticketsは通常は車掌が切符にはさみを入れる、というのが語源ですが、”get one’s ticket punched=死ぬ、殺される”のように使われる事があります。ここでのmuscleは筋肉ではなく、権威、権力という意味で幹部となります。で、ミッキーの幹部を打ち抜く、という意味です。

 

5. Finding 25 pounds of heroin would get you plenty of ink.

25ポンドのヘロインを見つければ新聞雑誌が君の事を書き立てるさ。

ここでのinkですが、非常に面白い表現になっています。25ポンドのヘロインを見つけたら、それが君にたくさんのインクを取ってくる、というのはつまり、大量のインクが費やされて記事になる、とい意味になるのです。これはちょっとやそっとでは理解できませんが意を得た言い方ではありますね。字幕を見ているだけではこういう表現はわかりません。注釈がどれぐらいネイティブ表現を補ってくれるかという事で、このスクリーンプレイが非常に役に立ちます。

 

6. Ginger, can you grab a reverse directory, and shag a name and address for me? Crestview 2239.

ジンジャー、逆引き電話帳で名前と住所をひろってくれ、クレストビュー2239番地だ。

directoryで人名簿、directory assistanceで電話番号案内です。ここではreverseとなるので逆引き、の意味になります。shagは球拾いをする、という感じの意味ですがかなりきわどい言葉で、スラングではFancy a shag?というと「どう、一発やらない?」などというSexをする、の意味があります。shaggyになるとカタカナ英語のシャギー=毛むくじゃらの、というむく犬などに使われる形容詞になります。

 

おわりに

LAconfidential08

今回3回目で脚本の四分の一弱に到達しました。字幕無しで海外の映画を見られるのは理想だと思いますが、まずは耳で単語の切れっ端をつかみ取る事が必要です。次にしっかりと文脈と言い回しを踏まえる事が時間がかかっても最後には近道になって行きます。

このシリースは好評につき、今後も引き続き映画の中のこれは!という英語表現をピックアップして行く事にします。お楽しみに。

 

About 鍋島 佳緒里

小さい頃から、IBMが日本に招聘したイギリス人講師が自宅にステイするという家庭で育つ。感覚的に英語を習得したため発音だけは良いがグラマーやリーディングに苦手意識が残る。音楽制作の仕事に従事し、海外の音楽祭取材などで一年の内2ヶ月をヨーロッパで過ごす数年間の経験を経て、現在はNY在住のアメリカ人パートナーとの遠距離を克服しながら毎日英語を使う日々。 TOEICで高得点を取るビジネス英語に注目するだけではなく、日常的にエレガントで社交的なマナーを持って国際人としてウィットのある会話するのをモットーとしている。フランス語も中級。デンマーク映画に夢中。日本在住。「なめらかな発音と言い回しをゲットするレッスン」はinfo@a-tfactory.co.jpまで。