Home / カルチャー / 日本人が知らない、アメリカの常識!? Vol.2 〜買い物編〜

日本人が知らない、アメリカの常識!? Vol.2 〜買い物編〜

large_8578234304

前回のvol.1では言葉や生活についてのお話をご紹介させていただきましたが、今回は買い物編をお届けさせて頂きます。

海外で買い物をしようとしてうまくいかなかったことや、失敗してしまった経験はありませんか?

私はアメリカに住んでもうすぐ2年になりますが、つい最近またひとつ失敗をしてしまいました。そんな私の失敗談も交えながら、ご紹介させていただきたいと思います。

「日本人が知らない、アメリカの常識!? Vol.1」 はこちらから読むことができます。

http://www.funlearning.co.jp/archives/5537

 

 

Battery / 電池

large_5976615290

アメリカと日本で売られている乾電池に大きな違いはありませんが、呼び方は異なります。

単一電池 = D(ディー)

単二電池 = C(シー)

単三電池 = AA(ダブルエー)

単四電池 = AAA(トリプルエー)

角形電池 = 9V (ナインボルト)

 

アメリカでも日本と同様、単三(AA)と単四(AAA)の出番が多いように感じます。私は角形電池は日本ではほとんど使用したことがありませんでしたが、アメリカの家に付いている火災報知器の電池は角形電池(9V)を使用していることが多いです。火災報知器の電池が少なくなってくると「ピッ」という音が出てしまうので、私は必ず買い置きをしておくようにしています。

また、アメリカでボタン電池を購入しようとした時に、日本で購入し切れてしまった電池を持って同じものをお店で探したことがあるのですが、表記が全く違い、同じものがどれなのかが分かりませんでした。結局家に戻ってインターネットで調べてから再度お店へ行き買うことができましたが、ボタン電池はややこしいので、購入する場合には事前に調べておくことをお勧めします。

 

Cosmetic / 化粧品

large_4821133080

海外有名ブランドの化粧品はアメリカでも日本と同じものが割と簡単に手に入ると思いますが、いわゆるプチプラの化粧品は、どれが良いのかを探し出すのに意外と苦労します。

 

アイブロー(眉ペン)

アメリカで売られているブラウン系のアイブローは色が薄いものが多く、お店によっては日本人にちょうど良い色を見つけるのが難しい場合があります。

 

化粧水

アメリカには、保湿用の化粧水というものがほとんど売られていません。クリームや乳液は豊富なのに、化粧水というとトナーと呼ばれる拭き取り化粧水が主流のようです。

 

シャンプー・コンディショナー

アメリカで売られているいくつかの商品を試しましたが、抜け毛が増えてしまったり、ゴワゴワで指通りの悪い洗い上がりだったり。と、自分に合うものを見つけるのがなかなか難しいです。

 

日本のプチプラコスメは素晴らしい!

私の結論としましては、日本のプチプラコスメは素晴らしい!ということです。化粧品はアメリカにある日系スーパーで買ったり、日本へ里帰りしたときにまとめ買いをしたりしている在米日本人はたくさんいます。

 

おまけにもうひとつ。アメリカで売っている歯ブラシはサイズがやたらと大きいです。これも、私が日本へ里帰りしたときに必ずまとめ買いをするアイテムのひとつです。

 

私のお買い物 失敗談 in USA

large_3681491833

Soaker Hose / ホース

これは、つい最近私がやらかしてしまった失敗談です。

庭にあるホースがかなり古くなっていたので、新しいものを購入してきました。長さはあまり必要なかったので、お店にあった中でいちばん小ぶりな「Soaker Hose」と書かれたものを購入したのですが、つないでびっくり。ホースのあらゆるところから、水が漏れてくるではありませんか! 欠陥品!? と思い、返品しようかとパッケージを見ていたところ、もしかして、と「Soaker」という単語を辞書で調べてみると「大雨・長雨」などの文字が・・・。

そうです。Soaker Hoseというのは穴があいているホースのことで、地面に置いたまま草花に水をあげることができるという、特別なホースだったのです。

ちなみに「soak」という単語には、浸す、つけるなどの意味もあります。単語を知らなかったというのも一つの敗因ですが、穴が空いているホースが存在することも知りませんでしたから、これは防げなかった失敗かもしれません。それほど高くなかったことが幸いでした。

 

Dimmable light bulbs / 電球

これは今の家に引っ越してきてすぐの頃の失敗談です。

リビングの電球が切れたのでお店で同じ大きさの電球を買ってきたものの、新しく取り替えたばかりの電球がほんの1週間ほどでまた切れてしまうのです。おかしいと思いながらも更に何度か交換してみるものの、相変わらずすぐに切れてしまいます。そこで、アメリカ人の夫に事情を説明して詳しく見てもらったところ、リビングの照明は照度の調整が可能なものだったので、専用の 「Dimmable」と書かれた電球を使わないといけなかったようです。普通の電球を買ってきてしまったために、すぐに切れてしまっていたようでした。

「dimmer」という単語には、薄暗くする人や調光器といった意味があります。分からなかったために、いくつかの電球を無駄にしてしまったのでした。

 

さいごに

Sculpture: OMG LOL / Eyebeam Art + Technology Center Open Studio

アメリカのお店には日本では売っていない商品も色々とあり、買い物はとても楽しいものです。ですが、ひとつの単語の意味が分からないばかりに、私のような失敗をしてしまうことも少なくないと思います。

マメに分からない単語の意味を調べることで失敗を防げることもあるとは思いますが、失敗をネタとして笑い話にしてしまう方法もありますので、アメリカを訪れた際には、楽しんでお買い物をして頂けたらと思います。