Home / カルチャー / 結構面白い、外国人から見た日本人へのステレオタイプ ベスト10

結構面白い、外国人から見た日本人へのステレオタイプ ベスト10

003

私達日本人が外を歩いていて外国人を見ると英語を話すアメリカ人だと思うように、外国人も私達日本人に対してステレオタイプがあり、現実を見てびっくりされる方も多いようです。さすがに侍が刀を持って街を歩いているとまでは思っていませんが、私達にしてみれば「何十年前の話!?」と驚くような偏見もあるようです。

今回はそんな、良くも悪くも裏切られたという日本人のステレオタイプと現実のギャップについて、意見の多い順に勝手にベスト10形式で発表します。

 

日本人ステレオタイプあるある

002

第1位:日本女性は「やまとなでしこ」

どこへ行っても言われる「3歩下がって歩く」論、これを過度に期待し裏切られたと嘆く外国人を何人見たか・・・・というくらいこの意見は多いです。

大人しく笑顔で一日あったことを聞いてくれる、帰ったら食事がテーブルに並んでいてお酌をしてくれる、夫より先に起きて遅く寝る、夫の言うことに反論しない、次の日に着る洋服と持ち物一式が朝には用意してある等、時代錯誤も甚だしい!?期待を持って日本人女性を奥さんにし、結局振り返ったら何一つしてもらってなかった上に逆に奥さんが何もできないから自分がヘルプしなくてはならなかったといった文句をよくよく耳にします。

日本人女性だって、最近は結構強いですよね!?

 

第2位:日本人は時間を守る

これもどこへ行っても聞く愚痴です。電車の運行状況等を見て、勝手に日本=すべてが几帳面で予定通りと誤解されている方も多く日本人は約束の時間は絶対に守るという考えがあるようですが、結構時間が守れず毎回遅刻ばっかりしている日本人が多いのでビックリしたという話を良く聞きます。

 

第3位:日本は物価が高い

特に東京は相当物価が高いと思われているようで、日本に旅行に行きたいけど高いからな・・・・と嘆く外国人を良く聞きます。実際レストランへ行ってこんな素晴らしい食事がこんな素晴らしいサービス付きで安価で食べられるのかと驚くようです。またドリンクバーの種類の多さと値段の安さには目を見張るものがあるそうです。

ちなみに個人的な意見になりますが、日本へ旅行に行った外国人に勧めてとても感謝されたレストランは、まず「ステーキのどん」、本格的なステーキが安価で食べられると、シェフをテーブルに呼んで賞賛したという話を聞いたときは思わず笑ってしまいました。それからガストのモーニング、有楽町のガード下、カプリチョーザ、居酒屋等がとてもウケています。もちろん回転寿司もとっても人気です。

 

第4位:日本人は喧嘩をしない

日本人はおとなしく消極的なので喧嘩をしないと思っている外国人が、ミーティング中に仏頂面で意見をぶつけ合っている日本人や電車で喧嘩している日本人を見てとても驚いたという話をしていました。外国に旅行に行く日本人ツアー客が文句をガイドさんにぶつけているのを見て驚いている外国人もとても多いです。

 

第5位:日本人は韓国の人を嫌悪している

パーティー等の集まりに韓国の方がいると、席を離されることが多いです。日韓関係が個人レベルまで大きく関わっていると思っている外国人はとても多いようです。

海外在住者の私としてはお互いの国のマナーや風習が似通っていることや同じアジア人ということでか、とても付き合いやすく、韓国の方と仲良くさせてもらっていることが多いのですが、周りはそれが信じられないようで「あの人は韓国人ですよ、大丈夫ですか?」と欧米人に聞かれたことも多々あります。

確かに日韓関係の話を韓国の方とするのは極力避けているふしはありますが、基本的に私の周りの韓国の方や日本の方はあまり忌み嫌っているという話はあまり聞きません。海外に住む同士、両国の関係も少しグローバルな視点で見れているからではないかと勝手に解釈していますが実際はどうなのでしょう?

 

第6位:日本人はお辞儀をするときに手を合わせる

初対面の欧米人と挨拶すると、チャーミングな性格の人の半数以上は手を胸の前で合わせてお辞儀してきます。どこの国と間違えているのでしょうか?同じ仏教のルーツがある国、タイと混同しているのでしょうか・・・・たまに片方の手がパーでもう片方がグーという挨拶の仕方をする方もいます。これって中国ですよね?

 

第7位:日本人男性のほとんどが浮気している

日本には愛し合っている夫婦がいないと思われているようです。結婚したが最後、旦那さんは風俗と浮気に明け暮れ家庭を顧みず、奥さんは養われている身で文句が言えず我慢しているという構図が頭にあるようです。ですので、街中で手をつないで仲むつまじそうに歩いている中年やシニアのカップルを見ると驚くそうです。

どうやら日本の繁華街のイメージと、海外旅行で遊ぶ日本人男性の話、それから日本の古い映画からアイデアが構築されているようです。それから私達日本人が人前で手をつながなかったりパートナーを褒めなかったりすることも、私達にしてみれば謙遜なのですが、謙遜の概念がない欧米諸国の人々にはただ仲が悪いと思われるようです。

実際はどうなのでしょう?私にはわかりませんが、離婚率が低いということは仲のいい夫婦が多いのか、やはり離婚を切り出せないで我慢している夫婦が多いのか・・・・できれば前者であってほしいと願います。

 

第8位:日本人は年相応に見えず童顔

日本人はみな年齢より10~20歳若く見えると思っている方が多く、実際に何人か日本人と携わってからそれがそうでもないと気付く外国人が多いそうです。私も悲しいかなその一人で、20代の頃から一度もカジノでIDを求められたことがありません。

 

第9位:日本人は頭がいい

日本人は頭がよく、特に数学に関してはとても強いと思っているようです。ただ計算ができない人も多く「君は日本人だろ?」と人種差別!?まがいの言葉をかけられている日本人学生をたまに目にします。

 

第10位:日本人はアウトドアが嫌い

アニメ好きで外にはあまりでない、スポーツが嫌いでコンピューターゲームが大好き、というのが日本人に対する大まかなイメージのようです。実際海外のテレビシリーズ等で少しオタクな日本人を演じているアジア人、多いですよね。

 

さいごに

001

こう見ると、思いっきり時代劇の世界で日本のイメージが止まっているということはないようですが、戦後数年の時点でイメージが固まっているように思います。できれば古き良き日本の考え方や風習を残しつつ、ネガティブなステレオタイプを変えていけるよう頑張りたいものですね!

 

About white

日本でシステムエンジニアとして8年働いたところで、急に思い立って職業給付金を利用し英語学校へ1年行き、アメリカのアダルトスクールでの3か月短期留学を経験。 その後、ワーキングホリデービザにてオーストラリアへ渡豪し、一度日本に戻るも一年後にIBM Australiaへ再就職し渡豪、オーストラリア人と結婚し現在1児の母として奮闘中。 英会話講師の家へホームステイ、オーストラリアでの各種短期留学受付中です。詳しくは→http://www.ab.auone-net.jp/~aus-life/