Home / モチベーション / 好きなこと + 英語 = FUN! 料理好き集まれ!

好きなこと + 英語 = FUN! 料理好き集まれ!

large_3588626853

TOEICや英検対策の勉強だけではなく、たまには自分の好きなことを英語で学んでみませんか?

今回は、料理好きの人のためにFUNブログ上で簡単なクッキング英語のレッスンを行ってみたいと思います。

英語のレシピを見て料理ができるようになると、バリエーションが驚くほど広がります。これを読んで、英語のレシピにチャレンジしてみましょう!

(※レシピはアメリカのものを使用しています。)

 

クッキング:日英対訳リスト

large_4195991544

キッチンにあるものの名前、英語で言えないものが意外とあるのではないでしょうか? 料理に関する単語は数えきれないほどありますので、ほんの少しだけピックアップしてご紹介していきます。

 

肉 / Meat

ひき肉・・・Ground meat (Ground Beef, Ground Pork, Ground Chicken)

 

鶏胸肉・・・Chicken Breast

 

鶏もも肉・・・Chicken Thigh

 

調理用具 / cooking tools

なべ・・・Pot

 

フライパン・・・Pan

 

フライ返し・・・Spatula

 

おたま・・・Ladle

 

このように、肉の部位ひとつ、道具ひとつを取ってみても、学校では習わない単語が出て来たりしますよね。英語のレシピを見て一品作ってみるだけで、新しい単語を覚えることができると思います。そうやって覚えた単語は、単語帳を見て覚えた単語に比べると頭に残りやすいものです。

 

計量:単位の違いに注意!

large_5165260037

アメリカのレシピの多くは、カップ、スプーンの単位で調味料の量が書いてあります。

 

1 CUP・・・240ml (アメリカの計量カップと日本の計量カップの大きさは違うので要注意!)

 

1 table spoon・・・大さじと同じ。【Tbsp】と表記されることもあります。

 

1 tea spoon・・・小さじと同じ。【Tsp】と表記されることもあります。

 

重さ: 1 ounce= 28g、 1 pound=454g、 2.2pound=1kg

 

温度:120°F=250℃ (アメリカでは華氏(°F)が一般的です。オーブンの温度には注意しましょう)

 

ここまでで、一般的な知識のレッスンは終了です。

 

次からは、早速レシピを使ったレッスンに入っていきましょう。

 

マカロニ&チーズのレシピ

large_12845978414

アメリカ人なら誰もが知っているKraftの「マカロニ&チーズ」。日本でも、海外のものを扱うお店で手に入れることができるかもしれません。

我が家にもある、この「マカロニ&チーズ」の箱に書いてあるレシピを、今回のレッスンに使用してみたいと思います。

まずは英語のみのレシピです。

 

<Macaroni & Cheese>

classic prep6 cups water, 4 Tbsp margarine, 1/4 cup milk

 

cooking instructions

 

1.    BOIL water in medium saucepan.

Stir in Macaroni. Cook 7 to 8 min. Or until tender, stirring occasionally.

 

2.    DRAIN. DO NOT RINSE. Return to pan.

 

3.    ADD margarine, milk and Cheese Sauce Mix; mix well.

 

いかがですか? これだけで、なんとなく手順が分かりましたでしょうか?

それでは、日本語で解説をしていきます。

まず、「classic prep」というのは、準備するものという意味です。こういったインスタント系の食品の場合には、他にも「All You Need」や「What You Need」なんていう表現で、自分で何を用意しないといけないかが表示されています。

マカロニ&チーズの場合には、水6カップ、マーガリン大さじ4、牛乳1/4カップがあれば作れるという訳ですね。

続いてcooking instruction(料理手順)ですが、3つの短い手順の文中に、料理でよく使われる単語がいくつか入っていますので、順番に解説をしていきたいと思います。

 

1.    BOIL water in medium saucepan.

Stir in Macaroni. Cook 7 to 8 min. Or until tender, stirring occasionally.

 

Boil・・・沸騰させるという意味があります。

Stir・・・かき混ぜる。炒め物のことをStir Fryと言ったりもします。

Tender・・・柔らかい。これもレシピにはよく出てくる単語です。

Occasionally・・・時々。

 

<訳>

1.    中くらいの鍋に水を沸騰させる。

マカロニを鍋に入れ、時々かき混ぜながら7〜8分、もしくは柔らかくなるまで茹でる。

 

2.    DRAIN. DO NOT RINSE. Return to pan.

 

Drain・・・ザルなどで水を切ること。

Rinse・・・ゆすぐ(このレシピの場合はDO NOTとあるので、ゆすがないという意味です)

 

<訳>

2. マカロニの水を切る。ゆすがずにマカロニを鍋に戻す。

 

3.    ADD margarine, milk and Cheese Sauce Mix; mix well.

 

Add・・・加える

Mix well・・・よく混ぜる

 

<訳>

3. 鍋にマーガリン、牛乳、チーズソースミックスを加え、よく混ぜる。

 

このマカロニ&チーズ、日本人の口に合うかどうかと聞かれるとちょっと返答に困ってしまいますが、典型的なアメリカの味だと思います。アメリカのスーパーなら必ずと言っていいほどどこにでも売っているので、機会があったら是非一度試してみてください。

 

おわりに

large_7204293234

今回はマカロニ&チーズのレシピを使って簡単なレッスンをさせて頂きましたが、もっと凝ったものを作ってみたい! という人は、「allrecipis.com」などでたくさんのアメリカのレシピを検索することができます。

また、日本ではおなじみの「クックパッド」に英語バージョンがあるのをご存知でしたか? こちらは、もともとある日本語のレシピが英訳されたものが掲載されているので、英語のレシピだけでは不安という人は、日本語レシピがリンクされているこちらを試してみてもいいかもしれません。

You tubeなどで英語のレシピ動画を見ると、今回のレッスンにも登場したstir、mix、addなどの単語がどういった場面で使われるかもよく分かると思います。

机上の英語の勉強に飽きてしまったときには、このような方法で楽しく英語に触れる機会を作ってみてはいかがでしょうか。