Home / 海外生活 / 世界が認識する、無形文化遺産「WASYOKU(和食)」とは??

世界が認識する、無形文化遺産「WASYOKU(和食)」とは??

1335384

海外に住んでおりますとホームパーティーに呼んだり呼ばれたりする機会が必然的に増えます。招く側はもちろんですが、招かれるほうも一品持ち寄りのようなケースもあり、毎回頭を悩ませます。

作って行ったはいいけれどほとんど手をつけられないまま持って帰らされたものも多く、一時期ホームパーティー恐怖症に陥り和食を作ることを避けていた時期もありましたが、最近は段々と彼ら欧米人の舌の傾向がわかってきたようで、残さず食べてもらえるようになりました。

そんな経験を経て知った、外国人に好かれる/嫌われる日本の家庭料理についてお話したいと思います。

 

一般的に好かれているのは

0022私の住むオーストラリアで最近人気があり、人気が出ている和食のお店は巻き寿司屋さんとラーメン屋さんです。寿司についてはネタがさしみということはほとんどなく、スモークサーモンやアボガド、とんかつ、てりやきチキン等が入っているものが主流です。

 

ラーメン屋さんはここ数年で爆発的にお店が増え、種類も味噌、とんこつ、しょうゆとバラエティーに富んでいます。

 

定食屋さんもあり、定食屋さんで多くメニューにあるのが照焼チキンととんかつ、カレーです。少し高級なところへ行くと天ぷらが人気です。

 

また、甘さ抑えめの日本のケーキ屋さんやふわふわな日本のパン屋さんもとても人気があり盛況しています。ジャパニーズブランドはまだ定評があるようで、オーナーが日本人ではなくても「Japanese Bakery」と名乗っているお店も実は沢山あるようです。

スーパーで買える和食

0032

調味料系はしょうゆ、みりん、お酢、マヨネーズ等スーパーマーケットで購入が可能です。しかし値段もかなり高めで小さいサイズのものしか置いていないのが現状です。

巻き寿司は人気があるようで、巻きすやのりなどはスーパーマーケットに並んでいます。またカレー粉や真空のうどん、出前一丁も割高ですが購入できます。それだけ買う人がいるということでしょうか。

最近、冷凍のえだまめが出てきました。周りでえだまめを食べている人を見たことはありませんが、まだ日本の食材で冷凍食品のコーナーに並んでいるのはこのえだまめだけなので、人気はあるのかもしれません。

 

ホームパーティーで人気のあったメニュー

0042

パーティーの際に反応が良かったメニューはやきとり、焼き肉、唐揚げ、照焼チキン、オムライス等でしょうか。比較的に単純な味で濃いめというのが人気なようです。オムライスは色々と味を加えるより、ケチャップのみの味付けが好かれ、照焼チキンもしょうゆと砂糖のみ、焼き肉は焼き肉のたれで十分なようです。とにかく肉が味濃く焼かれていたり揚げられていたりするものが人気です。

焼き鳥はバーベキューの際に半分焼いた状態で持っていき、雰囲気を出すためにペットボトルにたれを作って、バーベキューの台でたれにつけながら焼いてを繰り返していたら、皆が何をしているのか寄ってきて興味深げに見ていました。そんなデモンストレーションもいいかもしれません。

焼き肉は、にんにくの芽と炒めてみたり、サンチュで包むようにしてみたり、一口どんぶりにしてみたりと色々試しましたが、結局ただ焼き肉のたれで焼くだけというものが一番人気でした。

最近では焼き肉が浸透してきたのか大手のスーパーにKOREAN BBQという名前で味付きカルビ肉が置かれるようになりました。肉コーナーにアジア系のものが置いてあるのはこれとタイ風ケバブ、それからハニーソイチキンのケバブや手羽先くらいですので、かなりの快挙です。

 

ホームパーティーで手を付けてもらえなかったメニュー

0052

逆に作ったはいいけど手を付けてもらえなかったメニューもいくつかあります。

まずはクリスマス用に作ったサーモンのちらし寿司。ちらしずしを色でわけて段々に重ねケーキの型で押して形をケーキのようにし、上に生のサーモンとボイル海老、枝豆、卵、さくらでんぶ、のり、れんこん等色とりどりに載せてだいぶ派手にして持って行きましたが、時間と手間をかけたわりには巻き寿司以外の寿司があまり知られていないからか、全然手を付けてもらえずほぼ持って帰りました。

それからポテトサラダ、これも不評でした。マヨネーズで和えるというのがどうやら苦手だったようで、結構沢山作ったのですが持ち帰る羽目になりました。

煮物も失敗しました。かぼちゃを煮て持っていったのですが、どうやら照焼以外の甘辛いものがあまり得意ではないのと、崩れかける途中のようなあの見た目がよろしくなかったようで手を付けてもらえませんでした。

 

意外と感動されない装飾

0062

日本ではキャラ弁というのが流行っているようですが、私もそれにあやかって何度かイベントのテーマに合わせて工夫をして装飾しましたが、あまり良いコメントをいただいたことがありません。(もともと上手ではないのもあるのでしょうが・・・・)

どちらかというと食べ物をいじくりまわして装飾するというのはあまり好かれないらしく、また装飾の多さ=手垢の多さと取る方もいるようで、知人はそれとなく批判されたこともあるそうです。レストランで出てくる盛り付けには感動するようですが、ホームパーティーでの飾りつけはあまり派手になりすぎないよう気をつけたほうがいいようです。

 

おわりに ~外国人の胃袋をつかむ~

0072

元々料理が好きなわけではなく海外に住んで10年になる今でも自信を持って出せるのはフルーツポンチくらいな私ですが、それでも少しでも胃袋から日本のことを知ってもらおうと今でも色々と試行錯誤を繰り返しております。

住み始めた頃に、どうしてどこの和食レストランも大味で濃いのか不思議に思ったことがありますが、同じ和食でもその国の舌に合ったものを作っていたのだということに今さら気付いたりもしています。

「和食」という言葉が無形文化遺産に登録された今、この波に乗って和食を多くの方に知ってもらい好きになってもらえるように、食べていただく方の舌に合った「和食」を見つけてお披露目出来るといいですね!

 

About white

日本でシステムエンジニアとして8年働いたところで、急に思い立って職業給付金を利用し英語学校へ1年行き、アメリカのアダルトスクールでの3か月短期留学を経験。 その後、ワーキングホリデービザにてオーストラリアへ渡豪し、一度日本に戻るも一年後にIBM Australiaへ再就職し渡豪、オーストラリア人と結婚し現在1児の母として奮闘中。 英会話講師の家へホームステイ、オーストラリアでの各種短期留学受付中です。詳しくは→http://www.ab.auone-net.jp/~aus-life/